髙橋海人&森本慎太郎『だが、情熱はある』主演決定、若林正恭と山里亮太の半生を演じる

TV 公開日:2023/02/07 4
この記事を
クリップ

先週放送された『午前0時の森』の中で発表になった、2023年4月スタートとなる日テレ系・新日曜ドラマ『だが、情熱はある』。オードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいた感動の人間ドラマ。そんな本ドラマの主役となるキャストが、この度発表となった。オードリー・若林正恭役は髙橋海人King & Prince)、南海キャンディーズ・山里亮太役は森本慎太郎SixTONES)が演じる。


なお、若林と山里は二人の半生がドラマ化されることは知っていたものの、誰が演じるかは全く知らなかった。山里がゲスト出演していた『午前0時の森』の収録直後のスタジオに、髙橋と森本がサプライズで登場。「若林正恭役を演じます髙橋海人と申します」「山里さんを演じさせてもらいます森本慎太郎と申します」という突然の発表&挨拶で、番組出演していた若林と山里はただただ驚き笑うしかない状況に。



山里は「ぽっちゃりのおかっぱが来るかと思っていた」。若林は「自分より3歳くらい年下の個性派俳優さんが演じると思っていたので、まさかジャニーズのお二人に演じてもらえるとは…」と、かなり驚愕した様子。「俺たちの人生じゃなくて、(髙橋海人と森本慎太郎の)2人の人生をやりなよ」と笑いを誘った。


若林と山里はそれぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、「M-1」準優勝となりブレイク。オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬や妬み。そんな負の感情の中でもがいていた。そんな折、ふたりは出会うことになる。


そしてお互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成、活動を始めた。2021年5月31日の無観客配信ライブをもってその活動も幕を閉じたが、5万5千人超えの観客を集めお笑いライブの生配信としては歴代の最高記録を打ち立てた。その他、若林と山里を取り巻く魅力的な家族や仲間も続々と登場する。気になるそれぞれの相方役などは追って発表となる。


実話に基づいて描かれる、人生の応援歌ドラマ『だが、情熱はある』は4月スタート予定。お楽しみに。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント