北川景子主演『女神の教室~リーガル青春白書~』主題歌、Vaundyが書き下ろし

TV 公開日:2023/01/07 0
この記事を
クリップ

Vaundy、書き下ろしの新曲『まぶた』がフジテレビの2023年最初の月9ドラマとなる、北川景子主演『女神の教室~リーガル青春白書~』(テミスのきょうしつ)の主題歌に起用される。


法科大学院・通称ロースクールを舞台に、教員と学生たちのリアルな日常と成長する姿を描くリーガル青春群像劇となっており、今作のために、Vaundyが新曲『まぶた』を書き下ろした。



Vaundyが月9作品の主題歌を担当するのは初めてのことでもあり、北川景子の“月9初主演”作品で、“月9作品初主題歌”を担当という初尽くしのメモリアルが詰め込まれる作品になっている。楽曲はドラマ初回放送後、1月10日(火)0:00 から配信スタート。  


新曲『まぶた』は、イントロからジャンルレスな楽曲を得意とするVaundyらしさが全開の楽曲となっており、どこか懐かしさを感じさせるメロディーに一聴で引き込まれるオリジナリティー溢れる楽曲になっている。本編の映像と混ざり合うとどのような化学変化が起こるのか。ストーリー、そして音楽を含めた世界観もお楽しみに。


<Vaundyコメント>

この度、女神の教室~リーガル青春白書~の主題歌として、新曲「まぶた」を書き下ろしました。

この曲は、実は思いつくまでにかなり時間がかかってしまって苦戦したのですが、イメージがまとまった瞬間スッと形になった楽曲です。

法の女神・テミスがドラマのテーマになっているところから、目隠しすることの大事さ。僕はそれは法においてだけではないと考えていて、人と人が本当に分かりあう時一度目をつぶる。そうすると、”まぶた”を見る。その行為の持つ意味がこの曲のテーマになっています。

ぜひ、このテーマとあわせて、楽曲を聴いていただけたら嬉しいです。

ドラマと一緒にお楽しみください!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント