加山雄三『NHK紅白歌合戦』特別企画で最後のライブパフォーマンス

TV 公開日:2022/12/08 3
この記事を
クリップ

歌手の加山雄三が、大晦日に放送されるNHK『第73回紅白歌合戦』の特別企画で出場することが決定した。1960 年の銀幕デビュー以来、日本の音楽界の第一線を走り続けてきた永遠の若大将・加山。加山は 85歳になった今年、年内いっぱいでのコンサート活動からの引退を発表している。




歌手としても 60年以上のキャリアを誇る加山。9月には「ラストショー」と銘打った最後のホールライブを開催、そして現在行われている船上ライブ「若大将クルーズ THEFINAL」をもって、コンサート活動から引退する。そんな加山の最後のライブパフォーマンスが紅白歌合戦のステージで実現する。


これまで紅白に17回出場し、うち3回司会を務めるなど、紅白歌合戦ともゆかりの深い加山。85 歳での紅白出場は史上最高齢となる。昭和、平成、令和と半世紀以上に渡って日本の音楽界のトップランナーとして牽引してきたレジェンドの雄姿をお見逃しなく。


加山雄三メッセージ

長きに渡り歌手活動を行って参りましたが、年内をもちまして人前でのライブパフォーマンスにケジメをつけさせて頂きます。その最後の日、紅白歌合戦というたくさんの方がご覧頂いているこの番組に参加させて頂けること、本当に幸せでいっぱいです。多くのファンの皆さんや関係者の皆さんの応援と助力がなければ、ここまで来ることは出来ませんでした。感謝と共に、精一杯歌い切りたいと思います!そして、毎日に目標をもち、毎日が新しいスタート!とすれば、俺の船出の時はまさに今だ!って、そう思うんです。 

加山雄三


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント