20th Century(トニセン)、全員で初料理「ゆるさも大事」「とても新鮮でした」

TV 公開日:2022/12/08 1
この記事を
クリップ


20th Centuryトニセン)クロストークも到着した。



――3人で初めて“ロスめし”を作ってみていかがでしたか?

井ノ原「3人でこうやって料理を作るのは初めてかもしれないですね。先生の話を聞きながら分担して」

長野 「楽しかったです! とても新鮮でした。今まで使ってなかった部分を使ってこんなに美味しくなるんだって、感動がありました」

井ノ原「この番組をずっとやっていたら、この野菜はここも使える・・・あそこも使える・・・って食材を見ただけでわかるようになるかも」

長野 「今までどれだけもったいないことをしていたかと思いましたよ!」

坂本 「今までは“ごめんなさい”していた野菜たちが、この番組で生まれ変わるというのは本当に革命的なことだと思います」

長野 「しかも、おいしい! その部分が! わざわざ皮とか使いたくなるよね? (野菜の)芯売ってないですか? って聞くようになるかも(笑)」

井ノ原「そういう時代になるかもね。“あるよ~おいしいだろ~野菜の芯~”なんて!(笑)」


――今後の『ロスめし食堂』への意気込みをお聞かせください

井ノ原「ゆるさも大事かと思います。皆さんにチャレンジしてもらいたいから! 先生も“自分のオリジナルでいいんですよ”と言ってくださっているように」

坂本 「毎回先生が変わるので、僕らもいろいろな情報をインプットできるので楽しいです」

長野 「料理って簡単で楽しいんだって、各先生が教えてくださっています」

井ノ原「“ロスめし”もそうですけど、まずはこの番組をみて“料理”そのものにもチャレンジしていただきたいです!」



■『トニセンのおいしくロスめし食堂』

12月8日(木)よる10:57~11:00(※関東ローカルのみ)

ⒸTBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント