平野紫耀主演『クロサギ』第8話に津田健次郎がゲスト出演、病院を乗っ取る狡猾な銀行員に

TV 公開日:2022/12/08 9
この記事を
クリップ

TBSでは現在、毎週金曜よる10時から平野紫耀主演の金曜ドラマ『クロサギ』を放送中。このたび、第8話のゲストとして津田健次郎の出演が決定した。



第7話で日本最大手のメガバンク・ひまわり銀行執行役員・宝条(佐々木蔵之介)が目を掛けていた、首都中央支店の支店長・牛山(山口紗弥加)を追い込むことに成功した黒崎(平野紫耀)。黒崎と宝条との戦いの火蓋が切られたかのように思えたが、それは氷山の一角に過ぎなかった…。


明日放送の第8話で、黒崎は宝条に関する“決定的”な情報を掴む。それは、銀行の外にも“宝条帝国”と密かに呼ばれる、宝条の資金源となる会社がいくつも存在しているということ。ここから黒崎は全てを掛けて“宝条帝国崩し”を仕掛けていく。


津田が演じるのは、ひまわり銀行の元行員で宝条の後輩・宇佐美孝也(うさみ・たかや)。


現在は大病院の理事長を務めている宇佐美は、2年前に銀行員として赤字の病院再建に乗り出した。だが、その実態は経営改革という名目の乗っ取りだった。宇佐美は今でも宝条と繋がっており、“宝条帝国”でも随一の狡猾さを見せている。


宇佐美を演じる津田は、声優業、舞台や映像の俳優業を中心に映像監督や作品プロデュースなども行っており、幅広く活動をしている。第十五回声優アワード(2020年度)では主演男優賞を受賞。『呪術廻戦』や『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』『テニスの王子様』など、数多くの作品でメインキャラクターの声を務めている。俳優としては、今年7月期に放送された日曜劇場オールドルーキー』にもゲスト出演し、車いすテニス選手から全幅の信頼を置かれたメカニック担当者役の好演も記憶に新しい。黒崎を演じる平野とは初共演となるが、狡猾さが際立つ宇佐美に対して黒崎はどのような手段で騙し返していくのか、注目だ。『クロサギ』第8話は、12月9日(金)よる10時放送。

【関連】『オールドルーキー』第7話 津田健次郎、平田広明ら物語のカギを握るゲスト発表


<第8話あらすじ>
黒崎(平野紫耀)は牛山(山口紗弥加)から、宝条(佐々木蔵之介)には“宝条帝国”と呼ばれる裏金作りのための資金源がいくつもあるという情報を得る。そして、その中のひとつである医療法人をターゲットに定めた。理事長を務める宇佐美孝也(津田健次郎)はひまわり銀行の元行員で宝条の後輩に当たる人物。赤字だった病院を立て直した救世主だ。

黒崎は、宝条帝国とそこに君臨する宝条を喰うことを“独断”で決意し動き出す。

宇佐美に近づくためにその妻・怜華(高田里穂)に接触を図る黒崎。彼女好みの金持ちなホスト風の男に扮し、あっという間に怜華の心を掴んだ黒崎は、怜華に「金が欲しいんでしょ? いい方法があるよ」と持ち掛ける。

同じ頃、宝条の元にひまわり銀行へ潜入した時の黒崎の防犯カメラ映像が届けられていた。ひょんなキッカケでその写真を見た宝条の甥・鷹宮(時任勇気)は、そこに写るのが黒崎ではないかと察知する。

一方、桂木(三浦友和)は黒崎の動向を邪魔するように、新たなシロサギの情報を黒崎に売り、北海道へ行ってこいと命じる。自分を宝条から遠ざけようとしていると勘づいた黒崎は、桂木に逆らい続けることに対して危機感を募らせる。

そんな矢先、氷柱はプライベートで甘味処「かつら」を訪れていた。それを知った黒崎は、これ以上桂木にも自分にも関わるなと突き放し…。



■金曜ドラマ『クロサギ』
毎週金曜よる10:00~10:54

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント