『どうする家康』北川景子、家康の生涯に大きく関わる“お市”の扮装写真公開

TV 公開日:2022/12/07 4
この記事を
クリップ

松本潤が主演を務める大河ドラマ『どうする家康』(2023年1月8日(日)スタート※初回15分拡大 NHK総合日曜午後8時、BSプレミアム・BS4K日曜午後6時)。本日、北川景子が演じるお市の扮装写真が公開された。


本作は、誰もが知る歴史上の人物である徳川家康の孤独だった幼少期から、乱世に飛び込み天下統一を果たした波乱に満ちた生涯を、これまでとは違う視点で描いた大河ドラマ。家康役を松本、脚本をヒットメーカーである古沢良太が務め、新たな家康像に迫る。 





北川が演じるお市は、信長(岡田准一)の妹。織田と徳川の盟約をきっかけに、家康と数奇な運命を共にすることになる。近江・浅井家に嫁ぐものの、兄・信長のせいで乱世の渦に巻き込まれる。彼女が生んだ三人娘もまた、家康の生涯に大きく関わることになる、という役どころだ。 

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント