『ファーストペンギン!』奈緒 クランクアップ、堤真一らが駆けつけるサプライズも

TV 公開日:2022/12/07 11
この記事を
クリップ

このたび、『ファーストペンギン!』のすべての撮影が終了し、クランクアップを迎えた。共演者からまさかのサプライズに奈緒が大号泣。堤真一は、晴れやかな笑顔で想いを語る。



最終回を目前に控えた某日、主人公・岩崎和佳を演じた奈緒がクランクアップ。最後の撮影は、とある飲食店で、和佳が一人食事をしているシーン。スタッフからの「オールアップです!」の声と共に拍手が起こると、その場で主題歌『ミチヲユケ』が流れ出し、ついに撮影が終了。


さらに、当日撮影予定のなかった堤真一、梶原善らさんし船団丸の面々が、奈緒のクランクアップを見届けるために、朝からロケ現場に駆けつけるサプライズも。


堤や梶原から、「奈緒ちゃ~ん!お疲れ様!」と笑顔で声をかけられ、花束やプレゼントが手渡されると、まさかのサプライズに、奈緒は思わず涙。「皆さん、お疲れ様でした…!」と声を振り絞るも、感極まって号泣。


「色んな方の想いが詰まった素敵なドラマで、この役をいただけたのは、とても幸せなことだと思っています」と力強く語った奈緒は、溢れ出す想いを噛み締めながら、「『今日、大丈夫かな?このシーンできるかな?』と不安に思うことがあっても、現場に行けば、温かい共演者・スタッフの皆さんがいて、皆さんがいるからこそ、全てのシーンを無事に撮り切ることができました。座長として頼りない部分もあったと思いますが、共演者の先輩方が支えてくださって、“見たことのない景色”を、皆さんのおかげで見ることができました」と感謝の言葉を述べた。


そして、さんし船団丸の船団長・片岡洋を演じた堤真一は、汐ヶ崎漁港で“ある人物”と再会するシーンでクランクアップ。撮影を終えた堤は、「とても雰囲気が良い現場で、スタッフや役者たちと仲良く、楽しく撮影ができたと思っています」とコメント。前日には、堤を除くさんし船団丸の面々が既にクランクアップをしており、「今日はうるさいの(梶原善)がおらんから静かやなぁ…」とぽつりと呟いていた堤。しかしその直後、梶原が撮影現場にサプライズで姿を現すと、満面の笑顔に。和気あいあいとした雰囲気に包まれながら、全ての撮影を終えた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント