草川拓弥(超特急)が見せた恋と葛藤、ラストには視聴者からもツッコミ「可愛すぎる」

TV 公開日:2022/12/09 14
この記事を
クリップ

「なにそれ……その笑顔、ずるいよ」

草川拓弥超特急)のセリフに「可愛すぎるでしょ」「なにそれ、そのセリフずるいよ」「あなたのその笑顔が一番ずるいです」とツッコミが殺到した『デブとラブと過ちと!』(TOKYO MX)第5話。結城(草川拓弥)の“過ち”が明らかになり涙した視聴者も多かったが、ラストのスマイルで心奪われた。今回は公式Twitterで「三角関係バッチバチの予感」と予告されており、松陰寺(高橋健介)からも目が離せない展開となった。

(以下、第5話ネタバレあり)



急に抱きしめられ、「何も話せなくてごめんね」と言われたのが最後の会話。それ以来、結城からは連絡がない。既読はついているのに…。夢子(かなで)のもやもやが、こちらにも伝わってきそうだ。



そんなときに現れるのが松陰寺。

「夢子さん」

元気がなさそうだったから、と気分転換にカフェに誘ってくれる。「最新スイーツのリサーチ”も兼ねて」と、適度な距離感が爽やかでさりげない。高橋健介からは紳士的な振る舞いの中にも攻めの姿勢が感じられ、松陰寺のキャラクターをより魅力的に見せてくれる。「流行りの店に夢子さんと来たかったんです」とドキッとするようなセリフを急に入れてくるのもスマート。


夢を熱く語り、「夢子さんって、かっこいいですね」とキラキラとした瞳でみつめる松陰寺は、夢子にもうかなり落ちているかもしれない。


しかし楽しい帰り道の途中で、ホテルに入る結城と梨香子(中西悠綺)を目撃してしまう。傷つく夢子を見て、言葉を失う松陰寺が切ない。会議中も、夢子を心配する様子を見せていた。強めの口調で結城を牽制し、落ち込む夢子を守ろうとする姿には「かっこよすぎるよ~」「ギャップたまらなくないですか... 」「松陰寺好きだよ」の声も。



結城の“過ち”とは何なのか?松陰寺と一緒にいたほうが幸せなのでは?『デブとラブと過ちと!』は、視聴者への揺さぶりが絶妙。結城も魅力的だが、松陰寺も負けてはおらず、どちらにも惹かれてしまう展開なのだ。


玉ちゃん(太田夢莉)の存在も心強い。ツラい恋バナにも、「無理すんな~?」と話を聞いてくれる。夢子には味方がいる。玉ちゃんとのシーンは、そう感じられる癒やしのシーンだ。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 36件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント