『ファーストペンギン!』最終回、城桧吏が出演“10年後の息子”として第1話からナレーション担当

TV 公開日:2022/12/06 5
この記事を
クリップ

12月7日(水)よる10時からの放送でいよいよ最終回を迎える水曜ドラマ『ファーストペンギン!』。このたび第1話からナレーションを担当してきた城桧吏が最終回に出演することが決定した。

【関連】『ファーストペンギン!』ナレーション担当は城桧吏 一人息子の“10年後の声”演じる



城がこれまで演じてきたのは、和佳(奈緒)の一人息子・進の“10年後の声”。10年前の和佳と漁師たちの奮闘記を回顧する形でナレーションを担当してきた城だったが、最終回に満を持して、高校生となった岩崎進役として登場する。


城の登場によって、どのような展開が繰り広げられるのか?見どころ盛りだくさんの最終回に注目だ。


<10話(最終回) あらすじ 【12月7日放送】>
岩崎和佳(いわさき のどか)(奈緒)は、浜全体を外国資本に売り渡してしまったと片岡洋(かたおか ひろし)(堤真一)に報告。この話をなかったことにするには、浜の全船団が、波佐間成志(はざまなるし)(小西遼生)の仲介で締結した神饌(しんせん)オーガニクスとの契約を破棄しなければならないのだという。そこで片岡は、磯田高志(いそだたかし)(吹越満)と山中篤(やまなかあつし)(梶原善)らを率いて船を出し、他の船団の面々も契約を白紙に戻すよう、説得のために動き出す!さらに和佳は、これまでさんしと敵対関係にあった漁協の組合長・杉浦久光(すぎうら ひさみつ)(梅沢富美男)に“ある協力”を依頼し…!?

一方汐ヶ崎に現れた波佐間は、浜尻公平(はまじり こうへい) (高杉亘)たちを丸め込み、さんし以外の船団で“浜の一企業化”を進めようと画策。絶体絶命の危機に追いやられた和佳が、最後に下した決断とは…?




■水曜ドラマ『ファーストペンギン!』
毎週水曜よる10時 放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント