『invert 城塚翡翠 倒叙集』清原果耶&小芝風花“ひすまこ”に須賀健太も夢中「きゃわいいですね」

TV 公開日:2022/12/04 11
この記事を
クリップ

毎週日曜よる10時30分から放送、清原果耶主演のドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』第2話より、真(小芝風花)が翡翠(清原果耶)を肩もみするシーンなどをとらえた場面写真が到着した。



本作は<犯人の視点>から描かれる“倒叙ミステリー”。豪華ゲストが演じる「犯人」を、“霊が視える”という探偵・城塚翡翠(清原果耶)がパートナー・千和崎真(ちわさきまこと)(小芝風花)とともにどう追い詰めていくかが見どころとなる。



12月4日(日)放送の第2話で翡翠が対峙することになる犯人は小学校教師の末崎絵里(すえざき えり)(星野真里)。元校務員を事故に見せかけて殺害した末崎の犯行を、翡翠はどのように証明するのか。


今回、翡翠はスクールカウンセラー・白井奈々子として小学校に潜入する。いつものように裏の顔を封印し、メガネ姿で真面目&清楚な雰囲気を前面に押し出す翡翠にSNSでは「この学校に行きたかった」「可愛い過ぎる」「こんなスクールカウンセラー居たら毎日うきうき」と魅了される人が続出。しかし今回の相手は女性。視聴者からは「激カワ攻撃通じないのでは…?」「どうやって追い詰めるのかな」との声も上がっており、香月(瀬戸康史)や狛木(伊藤淳史)とは違うパターンの犯人に翡翠がどのように向き合うのかが気になるところだ。

【関連】『invert 城塚翡翠 倒叙集』第2話ゲストは星野真里、清原果耶に「気持ち良いほど振り回される」


そしてやはり視聴者が待ち望んでいるのが真と翡翠のわちゃわちゃとした掛け合いだろう。公開された場面写真や予告には真が翡翠の肩を揉んだり、顔を突き出してくる翡翠を押しのけたりするシーンがあり、今回も2人のやり取りに期待できそうだ。第1話で視聴者を虜にした“ひすまこ”に、SNSでは早くも「このバディ、マジで最高!」「2人のやり取り、ずっと愛でていたい」「絡みほんと尊い」と楽しみにする声が集まっている。蝦名海斗役を演じている須賀健太も、公式Twitterが投稿した2人のやりとりをまとめた動画に「きゃわいいですね」とコメントしており、共演者も夢中にさせてしまっているようだ。


そしてじんわりとシリーズ化しつつある真の謎Tシャツからも目が離せない。今回登場する1つはシンプルに文字だけ「TEYAN DAY」。ほかにどんなTシャツが登場するのか、細かいところにも注目しながら見てみては。

【関連】『invert 城塚翡翠 倒叙集』小芝風花、全身で餃子になりきる「インパクトあり過ぎ」


良質な倒叙ミステリーとともに、コミカルで微笑ましいヒロイン2人のやり取りが楽しめる『invert 城塚翡翠 倒叙集』。お待ちかねの第2話は12月4日(日)よる10時30分から。


▼第1話コラムはこちら



■『invert 城塚翡翠 倒叙集』
11月20日スタート!毎週日曜よる10時30分 放送

(C)日本テレビ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント