『親愛なる僕へ殺意をこめて』山田涼介ら3人の“トーテムポール”反響「満足気なお顔」

TV 公開日:2022/12/01 6
この記事を
クリップ

人気グループ・Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』が1日、アメーバオフィシャルブログを更新。山田とYouTuber・はじめしゃちょー、俳優の岩本晟夢の“トーテムポール”になったオフショットを公開し、ファンから反響を呼んでいる。



『ヤングマガジン』(2018年5月~2019年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(2019年8月~2020年9月/講談社)で連載され、累計120万部突破の同名コミックが原作。満を持してファン待望のドラマ化が実現した。


【関連】『親愛なる僕へ殺意をこめて』山田涼介のクランクアップ直前の顔に「笑いがとまりません」


連続殺人犯を父に持つ大学生の主人公・浦島エイジ(山田涼介)がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられて、真相を明らかにしようと決意し、そこから驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる、見る者に息つく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。


前日、最終話を迎えた同ドラマ。「「じゃあ、トーテムポールやる?」」と題して更新した公式ブログでは、絵文字を交えながら「いつもと違うオフショが欲しいと山田さんにオーダーしたら、「じゃあ、トーテムポールやる?」ってなった時の一枚です」とにっこり笑顔の山田が一番前で膝をつき、はじめしゃちょー、岩本が縦に並んた“トーテムポール”になったオフショットを公開した。


最後は「エイジ、サトル、柏木の3人が大学生でいられるのも残りわずか!」とつづり、ブログを締めくくった。


この投稿にファンから「満足気なお顔で可愛すぎるw」「カ、カ、カッコいいぃ~」「なかなか良いトーテムポールのポーズ」「素敵な写真」「笑顔の山田君可愛い」「3人のトーテムポール1枚、カッコいい」や、「最終回、涙が止まらなかった、、山田くんが演じるエイジの最後の気持ちが切なくてあたたかくて、、、」「トリオの友情にも心打たれました、、」などの声が寄せられている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント