桐谷健太&GENERATIONS 佐野玲於、1月期ドラマ『インフォーマ』でバディに「攻めてます」

TV 公開日:2022/11/29 8
この記事を
クリップ

2023年1月期木曜深夜カンテレローカルドラマ枠「EDGE」で、桐谷健太主演『インフォーマ』の放送が決定した。裏社会・政治・芸能など、あらゆる情報に精通する“インフォーマ”・木原慶次郎(桐谷健太)と週刊誌「タイムズ」記者・三島寛治(佐野玲於)が警察・ヤクザ・裏社会の住人たちを巻き込み謎の連続殺人事件を追うクライムサスペンス。





桐谷健太 連ドラ単独初主演!

2002年に俳優デビュー後、舞台や映画、テレビドラマで活躍する一方、今や音楽活動やアーティストとしての一面や、ファッションの分野でも評価される桐谷。俳優としての円熟味も増し、昨年の「京都国際映画祭2021」で国際的な活躍を期待される俳優に贈られる「三船敏郎賞」を受賞し、ますます勢いに乗る桐谷が、前代未聞の“情報屋”クライムサスペンスで、連続ドラマ単独初主演を飾る。


“インフォーマ”とは?

桐谷が演じるのは、社会・政治・芸能などあらゆるジャンルに精通する情報屋の中でも、都市伝説ともいわれるカリスマ的存在”インフォーマ“木原慶次郎。元二代目西宮(しゃぐう)会若頭補佐で、警察・裏社会の住人たちにも顔が広く、人知れず情報やメディアを操り、葬り、裏社会を動かす。


バディの週刊誌記者役はGENERATIONS 佐野玲於

“インフォーマ”を取材すべく木原に近づき、バディとなって事件を追う週刊誌記者役には、桐谷と初共演となる佐野玲於(GENERATIONS)が決定。佐野が演じるのは、中堅出版社の実話系週刊誌「タイムズ」記者・三島寛治。熱い思いを持って入社したものの、今では本意ではない不倫ネタなどを追いかける日々。ある日、取材できるチャンスと思い木原の運転手を引き受けるが、半ば巻き込まれるかたちで共に連続殺人事件の犯人を追うことに…。


ディープな世界観

息つく暇もないスピード感と息をのむ圧倒的リアリティー作品が誕生。原作は、事件から政治や芸能、裏社会まで幅広いフィールドを題材に執筆活動を続ける沖田臥竜氏の書き下ろし小説で、同氏が監修も務める。監督は映画「新聞記者」で第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞し、映画『余命10年』など次々に話題作を生みつづける藤井道人


映画『ヤクザと家族 The Family』に続き、2人が強力タッグを組む本作は、都市伝説的存在と思われながらも世の中に実在する“情報屋”と裏社会を、圧倒的リアリティーで、力強くスタイリッシュかつエモーショナルに描く。ドラマ『インフォーマ』は、これまでに見たことのない世界を見せてくれるに違いない。


1/2ページ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント