『舞いあがれ!』目黒蓮“柏木学生”に変化が…!?風呂上りの姿にギャップとときめきの声

TV 公開日:2022/11/28 19
この記事を
クリップ

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説『舞いあがれ!』の第41回が28日に放送され、目黒蓮が演じる柏木弘明(目黒蓮)がみせた優しさと、風呂上りのリラックスモード姿に放送終了後、SNSでは反響の声が多数寄せられ、一時は「柏木学生」がトレンド入りを果たしていた。


28日からスタートした第9週「私らはチームや」では、舞らは北海道・帯広でのフライト課程に臨むことに。帯広では3人一組のチームに分けられるが、舞はまたしても柏木学生(目黒蓮)、水島学生(佐野弘樹)と同じ班になる。そして担当教官は、学生の間でも名うての鬼教官と呼ばれる大河内教官(吉川晃司)であることがわかり、戦々恐々のなか、フライトシミュレーターによる訓練が始まる、というストーリーが展開されていた。(以下第41回ネタバレあり)



舞はフライトシミュレーターでのプロシージャー(飛行機を安全に飛ばすための182項目ある必要手順)が思うように出来なかった。鬼教官・大河内に「明日までに完璧に出来るようにしろ」と言われたため、同じチームの水島にお願いし、水島の部屋で復習していた。

すると、水島と同室の柏木が部屋に戻ってくる。柏木は肩にはタオルをかけ、前髪をおろした風呂上りスタイルで登場。舞が手作りのレバーボックスを持参して復習をしていると、そのレバーを見て「お前は…暇なのか?」と言い放つと、水島は「もっと優しい言い方出来ないわけ?彼女にもそういう態度なの?」とツッコみを入れると柏木は「彼女はいない」とぶっきらぼうに明かしていた。

舞の手作りのレバーに「暇なのか?」と鋭すぎる柏木節を披露したことで、これは明日のフライトもピリピリモードになるのでは…?と一瞬緊張が走ったが、その後柏木の思わぬ行動に視聴者一同大反響の展開となっていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント