『束の間の一花』京本大我 佐々木大光 藤原さくらが座談会開催、撮影中のハプニングとは?

TV 公開日:2022/11/28 3
この記事を
クリップ

約束のカレーを作るため萬木昭史(京本大我)の家にやってきた千田原一花(藤原さくら)。家族との思い出のトマトから、萬木の過去が明らかになる。『束の間の一花』第7話は今夜24時59分から放送。そして明日、ドラマの見どころたっぷりの座談会企画第2弾も配信開始。




ついに第7話にさしかかり、ますます盛り上がりを見せるドラマ『束の間の一花』。そこで、ドラマの見どころや撮影中の裏話を語り合う座談会第2弾が開催される。今回は京本大我、佐々木大光に加え藤原さくらも参加し、3人で和気藹々と気兼ねなくトーク。みかんを剥くシーンで藤原を襲ったある問題とは。ドラマに出てきた食べ物の中で一番美味しかった食べ物は何なのか。京本が〇〇過ぎて起こった撮影中のハプニングとは。など、ドラマ撮影の裏側も語り尽くす。ドラマの魅力が詰まった「座談会企画」動画は、シンドラ公式YouTubeチャンネルで明日公開される。


第7話では、約束のカレーを作るため萬木昭史(京本大我)の家にやってきた千田原一花(藤原さくら)。初めて入る萬木の部屋に緊張する一花だが、萬木の家庭ではカレーにミニトマトを入れていたと聞き、一花はマンションの住人に託したという萬木のトマト鉢を探して部屋を飛び出す。そして、家族との思い出のトマトから、なぜ萬木が大学を辞めたのか、萬木の過去が明らかになる。奇しくも余命宣告をされた同じ境遇のふたりの、束の間のほがらかな物語だ。


今夜の放送が3倍楽しめる、「ハッシュタグ会議!」SP動画を公開中、京本大我と藤原さくらの2人が毎回、放送回のキーとなるロケ地で、ドラマを見ながら呟いてもらいたいハッシュタグを考案。ドラマタイトル『束の間の一花』にならって、毎回、「#束の間の◯◯◯」の◯部分を、各話数のフックになる単語を入れて完成させる。これをみればドラマの見どころもわかってしまう。そしてロケ場所にちなんだエピソードトーク、撮影の裏話なども大放出。第7回目は萬木の家で7話のハッシュタグを考える。


▼特別動画




■『束の間の一花』

日本テレビ「シンドラ」枠

毎週月曜24:59~25:29(30 分×全10 話)

Hulu・TVerでも配信

©NTV・J Storm

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント