『霊媒探偵・城塚翡翠』最終話で回収しなかった伏線とは?“透明な悪魔”逮捕までの裏側が明らかに

TV 公開日:2022/11/27 9
この記事を
クリップ

11月27日(日)よる10時30分より“城塚翡翠シリーズ”に隠された、怒濤の伏線の数々を暴く『invert 城塚翡翠 倒叙集 特別編』(日本テレビ)が放送される。

霊媒探偵・城塚翡翠』(全5話)の本編に散りばめられた、連続殺人鬼との対決の裏に隠された伏線の数々を、城塚翡翠(清原果耶)・千和崎真(小芝風花)・鐘場警部(及川光博)の3人が、新撮ドラマのなかで大回収。Twitter トレンド 1 位を獲得し、話題沸騰となった衝撃的な展開。その裏側が今夜明らかに。ここでしか見られない秘伏線エピソードが盛りだくさんのスペシャル版となっている。





『invert 城塚翡翠 倒叙集 特別編』の舞台は、ご存じ、“霊媒”城塚翡翠(清原果耶)が“パートナー”の千和崎真(小芝風花)と暮らす高層マンションのリビング。翡翠と真によって「女性刺創連続殺人事件」の犯人“透明な悪魔”逮捕までの裏側が明かされる。最終話に入りきらなかった香月史郎(瀬戸康史)や鐘場正和(及川光博)らにまつわる驚愕の伏線エピソードが満載。


この番組だけのために撮り下ろされた翡翠と真、そして鐘場刑事の新撮映像を散りばめながらお届けする、“城塚翡翠シリーズ”伏線大回収の「特別編」。「すべてが、伏線。」のキャッチコピーのもと『霊媒探偵・城塚翡翠』で全5話をかけて描かれた「女性刺創連続殺人事件」の犯人“透明な悪魔”との対決の行方、そして最終話ではあえて回収してこなかった、あっと驚く伏線を含めたドラマ内に隠された壮大な仕掛けの数々を、20日スタートの新番組『invert 城塚翡翠 倒叙集』で明らかになったばかりの翡翠×真のチャーミングな日常生活を描いた新撮ドラマとともにお届けする。さらに、鐘場警部補もやってきて...!過去のストーリーを振り返りながら、ここでしか見られない連続殺人事件に隠された驚愕の秘伏線エピソードが明らかに。


初めての方も、既にご覧になった方も、たっぷりと楽しめるスペシャルストーリー『invert 城塚翡翠 倒叙集 特別編』は、今夜10時30分放送。


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント