『舞いあがれ!』横山裕“悠人”が送った謎の人形の正体に考察続々「ただの人形ではないはず」

TV 公開日:2022/11/25 2
この記事を
クリップ

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説『舞いあがれ!』の第40回が25日放送された。第40回では、舞の兄・悠人(横山裕)が岩倉家に送った小包の中身に視聴者は騒然。その後の悠人の動向に注目が集まる展開となっていた。(以下第40回ネタバレあり)





今週から航空学校編に突入した本ドラマ。第40回では、宮崎での座学過程の最終試験を受け、結果は見事全員合格。舞ら学生たちは、帯広でのフライト過程を前に一旦帰省をすることに。東大阪の実家に戻った舞を浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)はごちそうで出迎えた。そんな折、舞の兄・悠人(横山裕)から送られた謎の小包が岩倉家に届く。小包の中身は重箱で、それを開けると金色の奇妙な人形が入っていた。


舞らはその人形を見て一瞬時が止まったように絶句する様子を見せたが、沈黙を破ったのは舞。「ビリケンさん…?」「顔がちがう…」「なんやろ?」と中身の人形に一同衝撃を受けていた。舞が悠人に電話して事情を聴くと「うちに飾ろうと思ったんやけど、ミスって2個買うてもうてん」「質屋に売ったら高う売れるかもしれんで~」と電話口で軽口を叩いていた。


電話を切った後、悠人は人と会う約束をしていたようで、その約束とは何者かに投資の提案する謎の商談の約束であった。悠人はトレーダーとして稼いでいるようで、「ご期待は裏切らないつもりです」とその提案に自信満々の様子。悠人はニヤリと笑顔を見せたが、前段の謎の人形の件もあり、商談も自信満々の笑顔も全てが怪しく見えてしまい、どことなく不穏な雰囲気を残していた。


この一連の悠人の行動に「人形、謎過ぎる…!」「金のビリケン像…?」「この人形どこで買ったの!?」と話題沸騰。その後、悠人が投資の提案をしていることから「悠人のことだからただの置物ではないはず」「もしやあの人形、純金なのでは?」「悠人、株だけでなく金の取引にも手を出している…?」「悠人のビジネス…怪しすぎる」と悠人の行おうとしている“ビジネス”についても考察の声が飛び交っていた。その一方で「悠人、意外とお茶目?」「お兄ちゃんの性格がどんどんわかってきて面白くなってきた!」と怪しくもコミカルに描かれた悠人の登場シーンに反響が続々と寄せられている。



連続テレビ小説『舞いあがれ!』

NHK総合 月~土 午前8時~

BS4K・BSプレミアム 午前7時30分~

※土曜日は1週間の振り返り


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)