『飴色パラドックス』FANTASTICS 木村慧人&山中柔太朗に関わる実力派キャスト解禁

TV 公開日:2022/11/24 5
この記事を
クリップ


さらに、正反対コンビ尾上と蕪木に関わる実力派キャストが一気に解禁。



実力派キャストが一気に解禁

尾上の仕事やプライベートの悩みに相談に乗ってくれる頼もしい友人で居酒屋を営む“雅やん”役には樫尾篤紀(かしおあつき)。樫尾はAbemaオリジナル恋愛番組『恋愛ドラマな恋がしたい~KISS or kiss~』(2021)、ディズニー+『シコふんじゃった!』(2022)に出演、TBS『TOKYO MER』(2021)やTBS『クロサギ』(2022)にゲスト出演するなど、着々とキャリアを積んでいる注目の若手俳優の樫尾が演じる雅やんが尾上や蕪木とどう絡んでいくのか見逃せない。


蕪木と古くからの付き合いで情報通のキャバクラの経営者・カオリ役には、宮澤佐江(みやざわさえ)。宮澤は、2006年にAKB48メンバーとしてデビュー。選抜メンバーとして活躍した後、2016年にグループを卒業。以降、ミュージカル『王家の紋章』(2016)、ブロードウェー・ミュージカル『ピーターパン』(2017・2019・2021)、ブロードウェー・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリーSeason2』(2020)などに抜てきされ、女優として目覚ましい活躍を見せる宮澤の本作での妖艶な演技に注目だ。


そして尾上と蕪木が熱愛疑惑で動向を探っている俳優・印南圭(いなみけい)役を務めるのは、猪塚健太(いづかけんた)。主な出演作はフジテレビ『ポルノグラファー』(2018)、日本テレビ『今日から俺は!!』(2018)、BSテレビ東京『高嶺のハナさん』(2021)、『高嶺のハナさん2』(2022)、TBS『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021)、映画『娼年』(2018)、映画『バイオレンスアクション』(2022)など。確かな演技力で幅広いキャラクターを演じてきた猪塚が、今回尾上と蕪木の運命を変える重要人物として登場する。


尾上と同じ週刊『DASH!』の編集部員隅田次郎(すみだじろう)役には市川知宏(いちかわともひろ)。2008年に『第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリに選ばれ、17歳で芸能界入りした市川は、テレビ朝日『仮面ライダーセイバー』(2020)、TBS『日曜劇場 オールドルーキー』(2022)や映画『曇天に笑う』(2018)、『ブレイブ-群青戦記-』(2021)、『野球部に花束を』(2022)などに出演。尾上と蕪木と共に事件を追う。


同じく週刊『DASH!』の編集部デスクとして活躍する木内泰輔(きうちたいすけ)役には小柳友(こやなぎゆう)。主な出演作品は『トウキョウソナタ』(2008)、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010)、『阪急電車 片道15分の奇跡』(2011)、『アオハライド』(2014)、『娼年』(2018)、NHK大河ドラマ『平清盛』(2012)、TBS『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』(2019)、BSテレビ東京『高嶺のハナさん2』(2022)などがあり様々な役どころを演じ切る小柳が今作でも存在感を示す。


そして、俳優・印南との熱愛疑惑がある元アイドルの女優、春田ゆい役を、吉田凜音(よしだりんね)。2014年にデビュー以来、アーティスト活動をしながら女優としても活躍。映画『ヌヌ子の聖★戦 HARAJUKU STORY』(2018)でロシア・第8回ザバイカリスク国際映画祭主演女優賞受賞。読売テレビ『さよならの向う側』(2022)にヒロインとして出演。音楽原作キャラクタープロジェクト「電音部」』の真新宿GR学園、大神纏役で参加。同世代を中心に人気を集める吉田は、ゲスト出演として印南とのシーンを盛り上げる。


そして週刊『DASH!』の編集長役には大浦龍宇一(おおうらりゅうういち)。映画『ピンポン』(2002)や、映画『さらば青春、されど青春。』(2018)、NHK連続テレビ小説『天うらら』(1998)、TBS『ドラマジョシデカ!-女子刑事-』(2007)、ドラマ『ウルトラマンギンガS』(2014)、BSジャパン『逃亡花』(2018)、読売テレビ・日本テレビ『向かいのバズる家族』(2019)、テレビ東京『警視庁 強行犯係 樋口顕 seazon2』(2022)、フジテレビ「個人差あります』(2022)など多くの作品に出演する実力派の大浦が尾上と蕪木を翻弄する編集長としてキレのある演技を魅せる。


MBSにおける1年限定の放送新枠「ドラマシャワー」枠では2022年4月からKADOKAWAが手掛ける初のBLドラマレーベル「トゥンク」の作品が放送中。長年にわたり様々な大人気BLコミック・小説を刊行し続けるKADOKAWAが実写ドラマとしても多種多様なBL作品を世の中に届けていこうという意図のもと立ち上げたプロジェクト。本作はその第5弾だ。


ドラマ『飴色パラドックス』は、全8話を12月15日(木)よりMBSにて25:20~、テレビ神奈川では25:00~初回放送スタートのほか、チバテレ、テレ玉、とちテレ、群馬テレビでも順次放送。TVer、MBS 動画イズム、GYAO!では見逃し配信が決定している。


さらに、BLドラマレーベル「トゥンク」の公式ニコニコチャンネルプラスではドラマの放送に合わせてメイキングや特別コンテンツを随時配信!!本作のほか、トゥンクレーベルのBLドラマにまつわる最新情報をはじめ、ドラマの内容を深掘りする特別番組など盛り沢山! BLファンによる、BLファンのためのコンテンツをドラマの放送と一緒に盛り上げる展開で更新中。

※タイトルの「飴」は正しくは「食へんに台」です 



■ドラマシャワー『飴色パラドックス』(全8話)

2022年12月15日(木)初回放送スタート

(C)「飴色パラドックス」製作委員会・MBS

2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)