JO1 與那城奨、初の連続ドラマに挑戦『連続ドラマW フェンス』追加キャスト発表

TV 公開日:2022/11/22 17
この記事を
クリップ

ドラマ『アンナチュラル』『フェイクニュース』『MIU404』、映画『罪の声(塩田武士原作)』等、社会派エンターテインメント作品を数多く手がける脚本家・野木亜紀子、待望の新作オリジナルドラマ『連続ドラマW フェンス』をWOWOWにて2023年3月に放送・配信する。



今回、野木が描くのは2022年に本土復帰50年を迎え、今も世界最大規模の米軍基地を抱える沖縄の現在。W主演を務めるのは映画『勝手にふるえてろ』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞、『万引き家族』で同賞の優秀助演女優賞を獲得するなど、確かな演技力で圧倒的な存在感を放つ、WOWOW初主演の松岡茉優と、アフリカ系アメリカにルーツを持ち、2015年にミックスとして初めてミス・ユニバース日本代表に選出され、差別や偏見を無くすための活動を続ける、WOWOW初登場にして初主演の宮本エリアナ。


松岡演じる東京から来た雑誌ライター“キー”と宮本演じる沖縄で生まれ育ったブラックミックス“桜”がバディとなり、ある性的暴行事件の真相を追う、日本のドラマ史上初となる肌の色の違う女性バディがW主人公の連続ドラマだ。


沖縄県警・渉外警ら隊所属の警察官・伊佐兼史役を演じるのは大河ドラマをはじめ、公開中の『犯罪都市 THE ROUNDUP』の次回作への出演が決まっており、初の韓国作品に参加するなど、精力的に活動する実力派俳優の青木崇高。桜の元交際相手で米軍基地従業員の仲本颯太役には今年3月4日にデビュー2周年を迎えた11人組のグローバルボーイズグループ「JO1(ジェイオーワン)」のリーダーで、グループ初の紅白歌合戦出場も決まった沖縄出身の與那城奨(JO1)。初の連続ドラマ出演にしてWOWOWドラマ初登場となる。キーの上司で「月刊BOWOW(バウワウ)」編集長・東諭吉役には日本を代表する名バイプレイヤーとして映画やドラマ界では欠かせない存在の光石研。野木作品に出演するのは『フェイクニュース』以来となる。


さらに、人種やルーツも様々な国際色豊かなキャストが多数出演。在沖米軍の海兵隊員・ジェイ役にはフランス人のミックスで映画やドラマ、舞台など様々なフィールドで活躍するド・ランクザン望。アメリカから来た小児科医・ホリー役にはロンドンで生まれ育ち、人並外れた努力で日本語を習得して声優や女優として活動するReina。米軍の上官・ハリス役にはソフトバンクのCM「白戸家」シリーズでおなじみのダンテ・カーヴァー。桜の友人で基地従業員のミッキー役には沖縄在住の芸人でアメリカ人を父に持つミックスのニッキー。


そして、沖縄出身キャストの役どころも明らかに。颯太の妹・仲本琉那役に比嘉奈菜子、伊佐の後輩で相棒の警察官・上原光栄役に佐久本宝、ジェイの婚約者・山城実結役に松田るか、伊佐の上司で刑事の平良清巳役に志ぃさー、老人ホームで暮らす桜の祖母・大嶺ヨシ役に吉田妙子らが集結。総勢50人を超える沖縄出身のキャストが本作のリアリティを高めていく。それぞれが舞台となる沖縄に想いを馳せ、作り上げる本作に乞うご期待。


<ストーリー>

雑誌ライターのキーこと小松綺絵(松岡茉優)は、米兵による性的暴行事件の被害を訴えるブラックミックスの女性・大嶺桜(宮本エリアナ)を取材するために沖縄へ向かう。桜の供述には不審な点があり、事件の背景を探る必要があったのだ。米軍基地の門前町・通称コザを訪ね、桜の経営するカフェバーMOAIへ行き、観光客を装って接近。桜の祖母・大嶺ヨシ(吉田妙子)が沖縄戦体験者で平和運動に参加していることや、父親が米軍人であることを聞く。

一方でキーは、都内のキャバクラで働いていた頃の客だった沖縄県警の警察官・伊佐兼史(青木崇高)に会い、米軍犯罪捜査の厳しい現実を知る。やがて、沖縄の複雑な事情が絡み合った“ある真相”にたどり着く。キーが見つけた事件の真相とは?


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント