杉咲花が自分を演じる6本、人気ドラマシリーズ第4弾『杉咲花の撮休』放送決定

TV 公開日:2022/11/21 14
この記事を
クリップ

多忙な毎日を送る人気俳優・杉咲花。彼女はドラマや映画の撮影期間に突然訪れた休日、通称“撮休”をどのように過ごすのだろうか?知られざる俳優のオフの姿をクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、毎話異なるパラレルストーリーで贈る大人気オムニバスドラマ“撮休“シリーズ。



2020年に放送された『有村架純の撮休』は今までにない企画として話題を呼び、高い評価を獲得した。ドラマを見た視聴者からは「シリーズ作品にして欲しい!」と熱烈な声が上がり、本作はこれまでWOWOWが手掛けてきた『有村架純の撮休』『竹内涼真の撮休』『神木隆之介の撮休』に続く“撮休”シリーズ第4弾となる。


今回、主人公に迎えたのは、映画『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を同時に受賞、2020年には連続テレビ小説おちょやん』でヒロインを務め、その圧倒的な演技力で多くのドラマや映画で活躍し続ける杉咲花。


そんな彼女の撮休を描くために豪華監督と脚本家が集結した。監督は、映画『ちょっと思い出しただけ』(22)などの話題作をはじめ、ドラマや演劇を手掛ける松居大悟、『愛がなんだ』(19)などで等身大の恋愛模様を巧みな会話で恋愛群像劇へと昇華してきた今泉力哉、さらにベルリン国際映画祭でのプレミア上映を皮切りに、釜山国際映画祭など世界中の映画祭で続々と上映が決定し、話題となっている映画『ケイコ 目を澄ませて』(22)の三宅唱が登場。脚本家は前出の監督3人の兼務に加え、小説「ボクたちはみんな大人になれなかった」などで知られる作家・燃え殻、本年11月公開の映画『ある男』でも脚本を担当している向井康介、そしてドキュメンタリー映画の構成を務め、WOWOWでは「連続ドラマW 鵜頭川村事件」も記憶に新しい和田清人が参加。個性豊かなクリエイターたちが、杉咲とともに6つの世界を作り上げていく。


今最も輝く日本を代表する名女優の“撮休”最新シリーズ登場に期待が高まる本作『杉咲花の撮休』はWOWOWにて2023年2月に放送・配信。


<ストーリー>

撮休の朝、ラジオの星占いに耳を傾ける杉咲花。「てんびん座のあなた、今日はまとまったものは全部片付けましょう......ラッキーアイテムは丸いもの!」。これを聞いて洗濯物を片付けようとする杉咲だが、なぜか洗濯機が動かない。仕方なく慣れないコインランドリーに行くと、今度は洗濯代300円に右往左往することに。持ってきたのが、カードと1000円札1枚だったのだ。店内のお客さんに教えられて、外の自販機で小銭をつくろうとするが、偶然聞こえてきたストリートミュージシャンの歌声に聞き入ってしまい、なけなしの1000円でCDを買うことになり......。(第1話「丸いもの」)


<主演:杉咲花コメント>

1.オファーを受けた際の心境やWOWOW初主演を演じられたことについて

自分の名前がタイトルに入っている不思議さや自分の役を演じる可笑しさを思わず忘れてしまうほど純度が高く穏やかで、なのに混沌とした奇妙さもあって、くすっと笑えてくる作品で。素晴らしい制作陣の皆さまとご一緒させていただけたこと、贅沢すぎる時間でした。


2.演じられた各話それぞれの“杉咲花”像への印象やご自身の新しい発見について

どれも自分な気がするし、どれも自分ではない気がする。だけど日々の生活を思い浮かべると、打ち合わせをする時、大切な人といる時、お風呂に入る時、人は、ときどきもしかしてそんな状態なのではないかと思えてきて。この営みがつづく限り、私は私を演じるのだろうという妙な心地良さを感じたりしました。


3.視聴者の皆様へメッセージ

あまりにも多面的な本作をどう形容したらよいのだろうと考えていると、なんだかとてもおもしろい気持ちになってしまいます。
人のずるさに笑えたり、心のはたらきに救われたり。どっちでもよくなったり腹ごしらえしたくなるような作品になっているのではないかな、と思います。
愛おしい6本をたくさんの方にお楽しみいただけたら嬉しいです。


(C)WOWOW

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント