濱正悟『舞いあがれ!』で夢だった朝ドラ初出演「目標を口にしない」その理由とは?

TV 公開日:2022/11/21 12
この記事を
クリップ

現在放送中の連続テレビ小説『舞いあがれ!』。福原遥演じるヒロイン・岩倉舞は、自身の夢を叶えるために航空学校に入学。そこで出会った仲間たちと、切磋琢磨しながら前に進む姿が描かれる「航空学校編」。舞の仲間の一人となる中澤真一を演じるのが、近年映画やドラマにと出演作が続く、俳優の濱正悟だ。キャストが発表された際、「夢にまでみた朝ドラ出演」とコメントを寄せていた濱が、作品への意気込みや俳優としての現在地について語った。



福原遥とは久々の共演!大変な撮影なのにいつも笑顔で「すごいな」


濱が演じる中澤は、妻子がおり役所勤めをしていたが、パイロットになるという夢を諦められずに、25歳という年齢で、航空学校に入学したという人物。濱は「妻子がいるという設定ですが、家族の写真は出てくるものの、実際にそういう描写や回想シーンがあるわけではないので、どうやってその背景を役ににじませたらいいのかは考えました」と自身が演じる役についての難しさを語る。


メインとして登場する学校のメンバーは、福原演じる舞、Snow Man目黒蓮演じるエリート柏木弘明、醍醐虎汰朗演じる苦学生の吉田大誠、山崎紘菜演じる帰国子女の矢野倫子、佐野弘樹演じる明るくムードメーカーの水島祐樹。濱演じる中澤は、このなかでも年齢が上という設定だ。


劇中、お兄さん的な立場なのかと問うと「最初はそうなのですが、徐々におかしくなっていくんです」と笑う。「中澤は家族がいるなかで、前の仕事を辞めて学校に来ている。そういった背景なので、ある意味で余裕がない。そこでだんだんと変な方向に進んでいっちゃうキャラなんです。一筋縄でいかない人間として、面白く映っていたらいいなと思っています」と語っていた。


福原とは、2019年に放送されたドラマ『コーヒー&バニラ』で共演経験がある。「僕が戦隊作品(快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー)が終わって最初のレギュラーのドラマでご一緒したので、懐かしさがありました」と語ると「やっぱり朝ドラのヒロインって大変だなと。スケジュールが大変なうえ、プロモーションのお仕事もあってとてもタイト。大変なはずなのに、いつも元気で笑顔を絶やさないところをみると、改めてすごいなと思います」と福原の頑張りに称賛を送っていた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 27件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント