井浦新『世界ふしぎ発見!』2度目のミステリーハンター、大の縄文好き

TV 公開日:2022/11/19 3
この記事を
クリップ

“縄文俳優”井浦新が2度目のミステリーハンターに挑戦する。




TBSで毎週土曜よる9時から放送中の『世界ふしぎ発見!』。今夜9時からの放送では、イギリスと日本の2か国で、古代人たちの魅力に溢れた暮らしを探る。


ミステリーハンターを務めるのは、“縄文俳優”井浦新。歴史が好きな父親の影響で幼い頃から縄文文化に触れ、大の縄文好きに。今回が2度目のミステリーハンター挑戦となる。


井浦が向かったのは、ずっと憧れていたというイギリスの世界遺産「ストーンヘンジ」。今、そこである展覧会が行われ、多くの人が押し寄せているという。そのお目当ては“JOMON”! 日本の縄文時代を代表する貴重な出土品がたくさん並んでいるのだ。一体なぜストーンヘンジに縄文文化が展示されているのか? イギリスと日本、ふたつの国をまたぐ壮大なミステリー。ストーンヘンジと縄文の、ふしぎな共通点を紐解いていく。


また、井浦は北海道の縄文遺跡なども訪れ、そこで縄文人の食や生活様式などを探っていく。


<井浦新 コメント>

僕は縄文が好きですが、同じように巨石文明にも関心を持ってきました。世界各国にある巨石建造物やストーンサークルを見ると、太陽の動きや周囲の景色まで計算に入れた舞台装置のように思えて、とても魅かれますね。なかでもイギリスのストーンヘンジは、世界中の誰が見てもその美しさに魅了される世界屈指の巨石建造物だと思い、いつか行ってみたいと憧れていました。
映像で何度も見ていたのですが、実際に見たときは石の大きさに圧倒されてしまいました(笑)。
自分の身の丈の何倍もある高さ、想像以上の幅と奥行き。この巨大な石を切り、運び、完璧に配置し、さらに石柱の上にも巨大な石をのせている…。古代の人たちへの畏敬が改まりました。そのあたりにもぜひ注目していただければと思います。
また、北海道の縄文遺跡も巡ることができ、とても幸運でした。イギリスで見聞きしたことと併せて、改めて縄文文化を探っていく。古代の人たちの魅力的な暮らしと素晴らしい技術と同時に、その豊かな精神性も感じていただけるとうれしいです。


(C)TBS


▼関連記事

『最愛』最終話コラム

杉野遥亮『世界ふしぎ発見!』ミステリーハンターとして登場、日本の超絶景へ

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント