『親愛なる僕へ殺意をこめて』山田涼介&遠藤憲一のWピースに「本当の親子みたいで最高」

TV 公開日:2022/11/18 7
この記事を
クリップ

人気グループ・Hey! Say! JUMP山田涼介が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(毎週水曜よる10時)が17日、アメーバオフィシャルブログを更新。“浦島親子”と“八野衣親子”のオフショットや動画を公開し、ファンから「最高な親子じゃーん」「ダブルピースも可愛すぎてむり」「本当&本物の親子みたい」「可愛すぎる」などと話題を呼んでいる。

【関連】『親愛なる僕へ殺意をこめて』山田涼介、子猫を可愛がるオフショットに反響



『ヤングマガジン』(2018年5月~2019年8月/講談社)、WEBコミック配信サイト「コミックDAYS」(2019年8月~2020年9月/講談社)で連載され、累計120万部突破の同名コミックが原作。満を持してファン待望のドラマ化が実現した。


連続殺人犯を父に持つ主人公・浦島エイジ(山田涼介)の大学生がある日、自らが二重人格であることを悟り、“もう1人の自分”が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられて、真相を明らかにしようと決意し、そこから驚がくの事実が次々と白日の下にさらされる、見る者に息つく暇も与えないどんでん返しのストーリー展開が見どころの二重人格サスペンス。


第7話放送翌日、「本物の親子のようでした」と題して更新した公式ブログ。絵文字を交えながら「真パパ役の早乙女さんから扇子さばきを教えてもらった蒼海くん」とつづり、「どうやって閉じるの?(小山)」「こうだよ、教えたやつだよ(早乙女)」「お!いいね、挟み方覚えたね(早乙女)」と子役の小山蒼海に優しく扇子さばきを教えてる早乙女太一の動画を公開。ドラマスタッフも2人の様子に「ちょうど第6話のお風呂シーンの撮影直後に練習していたので、本物の親子のようでした」とコメントした。


さらに、「今回は浦島親子」と題して更新すると「前回は八野衣親子だったので、今回は浦島親子」と切り出し、「いつも、ポーズのシンクロ率が高い山田さんと遠藤さん」と黒縁メガネに黒のニット帽を被った山田と笑顔で寄り添う遠藤憲一が仲良くダブルピースをする“浦島親子”の第7話オフショットを公開した。


続けて「ちなみにこの日の気温は20℃を超えていました」と明かし、「秋なのに、山田さんが厚着のシーンに限って暑くなるのは不思議です」とコメントした。


この投稿にファンから「本当&本物の親子みたい」「可愛すぎる」「扇子さばき方を子役に教えるの上手ですね!」「教え方優しすぎる」や、「なんだか…この2ショット好き」「ニット帽・メガネ・マフラー…キュンキュン×10」「最高な親子じゃーん」「Wピースいいねぇ~」「ニット帽黒メガネマフラー似合いすぎる」「本当の親子みたいで最高ー」「か・わ・い・い」「サングラス&ニット帽&マフラーってキュン死じゃん!!」「ダブルピースも可愛すぎてむり」「カッコよすぎる&似合う」「シンクロピースポーズ…最高なツーショット写真」「2人とも笑顔でピースポーズスマイル」「山田君&エンケンさんピースシンクロポーズカッコいい」「ほっこり・素敵な2ショット」「カッコいい浦島親子2ショット」などの声が寄せられている。


『親愛なる僕へ殺意をこめて』第8話は、11月23日(水)よる10時10分~放送。主演・山田涼介の二重人格サスペンス。今夜、ついに殺人鬼・LLの正体が明らかに。今日で全て終わりにする…さらなる波乱の連続、物語は最終局面へ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント