『永遠の昨日』キュンキュンするシーンなはずなのに…号泣する視聴者続出

TV 公開日:2022/11/18 19
この記事を
クリップ

MBSほか「ドラマシャワー」枠で第5話が放送されたドラマ『永遠の昨日』。生と死に向き合う浩一と満が滲ませる想いに涙する視聴者が続出した。



本作は、交通事故にあってしまった高校生の浩一と同級生の満が心を通わせ、生と性を見つめて懸命に“生きた”2人の姿を描いたBLのレジェンド原作・「永遠の昨日」(榎田尤利)をドラマ化。小宮璃央井上想良がW主演を務める。


前回、「耳たぶ回」と呼ばれ、視聴者からの反響が多かった第4話。それに続く17日(木)に放送された第5話は、浩一(小宮璃央)と満(井上想良)の想いに胸がギュッと押しつぶされる切ない展開に。


事故発生から二日目の朝。委員長(新原泰佑)は、小河先生(中村優一)が学校の屋上から飛び降りようとしているところを目撃する。急いで浩一(小宮璃央)、満(井上想良)、寿美子(大友花恋)、郁美(鳴海唯)と共に小河先生を止めようと屋上へ向かうと、虚ろな目で屋上の縁に立つ小河先生の姿が。さらに屋上へ駆け込んできた玉置先生が「雅彦……やめろ!こんなの、おまえらしくない!」と声を上げるが小河先生は聞く耳をもたない。2人の間には何かトラブルがあったらしい。そこへ、浩一は小河先生を説得するため、フェンスを越えシャツを脱ぎ捨て自分の痣だらけの身体を晒して自らの秘密を打ち明けるーー。小河先生の腕をとり、自身の心臓に当てる浩一「……動いてないでしょ、心臓」。驚く小河先生に対し、「びっくりすよね。でも、そうなんです。死体になったのにまるで生きてるみたいで……でも、そろそろかな」と寂しそうに微笑む。それを見た満は複雑な気持ちを滲ませる。浩一は、小河先生の首にそっと手をあてると、小河先生は膝から倒れこむ。なんとか最悪の事態を回避することが出来たのだが、満は浩一の「そろそろ」という言葉に引っかかっていた――。


放課後「あのさ、みっちゃん、今日一緒にうち来てくんない?」ひとりだとなんか不安だという浩一に誘われ、満は浩一の家に泊まることに。浩一の母や妹たちとテーブルを囲み、満は自分の子供時代を思い返していた。子供の頃から1人でいることが多く、1人で食事する思い出ばかりの満は、たまにくる浩一の家は楽しいが、慣れない自分に少し戸惑っていた。


夜、縁側でラムネを飲む浩一と満。「ねえ、みっちゃん……俺たちが大人だったら、やっぱビールで乾杯とかすんのかな」静寂の中「…そうだな」とうなずく満は、そっと浩一の胸に手を当て、そして浩一の胸に自分の耳をゆっくりと当てる。浩一は息を吐き「ごめん……もう動かないと思う」と告げる。「なんでそんな事わかるんだよ」「なんとなくっていうか……やっぱ自分の身体だし」「諦めが良すぎる。もうちょい粘れよ」――浩一に背を向けて寝転がる満に近寄り、背中から腕を回す浩一。「……みっちゃんはあったかいな」「……俺は冷たいよ」「ううん。みっちゃんはあったかいよ」浩一は満を強く抱きしめるのだった――。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)