『invert 城塚翡翠 倒叙集』清原果耶×小芝風花の迷コンビ誕生?コミカルな2人で作風一新

TV 公開日:2022/11/18 11
この記事を
クリップ


もちろん肝心の“ミステリー”部分も忘れてはいけない。今回のゲスト犯人は、IT関連会社の社長を殺害してしまったエンジニア・狛木繁人。巧みな証拠隠滅で被害者の死を転倒事故に見せかけた狛木には“完璧なアリバイ”があった。翡翠は犯行立証のため狛木との距離を詰めていくが…



予告映像では翡翠が狛木の“彼女”として振る舞うようなシーンもあり、視聴者に手の内を明かした翡翠があざとい演技を堂々と駆使しているのには思わず苦笑い。恋心を反映したかのように、翡翠にぼかしエフェクトがかかって見えている狛木には、相手が犯人だと分かっていても「騙されてますよ」とつい教えてあげたくなる。


華麗なエアバイオリンを披露しながら「ここからは解決編です」とお決まりのセリフを差し込む翡翠に「ホームズ翡翠ちゃん」 「ヴァイオリンのマネ可愛すぎます」とメロメロになるファンも続出。こんな茶目っ気たっぷりの翡翠に“透明な悪魔”相手に披露したような毒のある推理ショーを期待してもいいのだろうか。探偵・城塚翡翠の本領発揮に注目である。


そして捜査シーンには鐘場正和(かねばまさかず)(及川光博)と雨野天子(あまのてんこ)(田中道子)の姿も。“透明な悪魔”に情報を流してしまっていた鐘場は前シリーズ最終話にて「もう刑事は続けられねえかもな」と今後を危惧していたが、どうやら退職だけは免れたらしい。


しかし事件の影響だろうか、肩書きは警部から警部補に一階級ダウン。鐘場“警部補”にはまた元の階級に戻れるよう、今度は犯人に情報を流さないようにして、頑張ってもらいたい。


ドラマ史に残る方向転換で再スタートを切る『城塚翡翠』シリーズ。前シリーズからは打って変わって明るい雰囲気の第1話だが、視聴者を置いてきぼりにするような感じもなく、むしろ翡翠や真を中心にキャラクターたちの魅力がグッと増しているように思える。「すべてが、反転」して迎える倒叙ミステリーは、今度はどんな驚きと興奮を我々にもたらしてくれるのだろう。新ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』第1話は11月20日(日)夜10時30分から。


▼『霊媒探偵・城塚翡翠』最終話コラム



■新日曜ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』
11月20日スタート!毎週日曜よる10時30分 放送

(C)日本テレビ


2/2ページ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント