『invert 城塚翡翠 倒叙集』清原果耶×小芝風花の迷コンビ誕生?コミカルな2人で作風一新

TV 公開日:2022/11/18 10
この記事を
クリップ

壮大な伏線回収と視聴者を欺くまさかの展開で幕を閉じたドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(れいばいたんてい・じょうづかひすい)。そして『城塚翡翠』シリーズはテレビドラマ史に刻まれる前代未聞の方針転換を経て、『invert 城塚翡翠 倒叙集』(インヴァート じょうづかひすい とうじょしゅう)として再スタートを切る。


新ドラマ『invert 城塚翡翠 倒叙集』は<犯人の視点>から描かれる“倒叙ミステリー”。豪華ゲストが演じる「犯人」を、“霊が視える”という探偵・城塚翡翠(清原果耶)がパートナー・千和崎真(ちわさきまこと)(小芝風花)とともにどう追い詰めていくかが見どころとなる。


記念すべき再びの“第1話”はゲスト犯人役として伊藤淳史が登場。IT関連会社の社長を殺害してしまったエンジニア・狛木繁人(こまきしげひと)を演じる。視聴者には最初から犯人であることが知られている狛木には、しかし“完璧なアリバイ”がある。果たして探偵・城塚翡翠はどのように狛木の完璧を崩していくのか。180度の方向転換でコミカル&ポップな雰囲気になった新シリーズ。ミステリー部分もさることながら、清原果耶と小芝風花のわちゃわちゃとした掛け合いにも注目だ。

【関連】『invert 城塚翡翠 倒叙集』第1話ゲスト伊藤淳史、清原果耶を絶賛「天才」「20歳とは思えない」



「ドッキリてへぺろ大成功~」


とにかく物凄い方向転換である。『霊媒探偵・城塚翡翠』のダークでミステリアスな雰囲気はあとかたもなく掻き消えて、『invert 城塚翡翠 倒叙集』は予告冒頭から「まったくの別作品なんだぜ」という気概のようなものを見せつけてくる。吹きこぼれる炭酸飲料にパニックになる真、仕返しに強烈なツッコミを食らう翡翠、クッションを投げつけ合い、狭い空間で追いかけっこをし、何かをやらかして「うわぁあ」と悲壮感たっぷりな声を上げる2人。きっとこれが本来の2人の性格であり関係性なのだろう。「ハリセンしながら漫才をしてほしい」「絡み最高すぎます」「名コンビ? 迷コンビ?」と2人のやりとりに期待する声も多い。翡翠×香月ではなかったコミカルでテンポのいい掛け合いが、翡翠×真では見られるということだろうか。生き生きと騒がしく動く2人の本編での姿が、今から楽しみだ。



1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)