『舞いあがれ!』赤楚衛二“貴司”の決意と梅津夫妻の愛溢れる対応が「素敵すぎる」

TV 公開日:2022/11/18 9
この記事を
クリップ

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説『舞いあがれ!』の第35回が18日放送された。

第35回では、舞(福原遥)が五島に迎えにきた両親に改めて航空学校に行きたい思いを伝える。そして久留美(山下美月)も離別していた母・久子(小牧芽美)と福岡で再会し、それぞれの心の内を語り合った。幼馴染たちがそれぞれの未来に向けて一歩踏み出し始めていた今回。

そして今週視聴者の注目を最も集めていた貴司(赤楚衛二)も失踪後久しぶりに帰宅し、両親(山口智充くわばたりえ)に本心を打ち明ける場面が描かれた。(以下第35回ネタバレあり)




【関連】『舞いあがれ!』赤楚衛二、約6分間の独白に心打たれる “変わりたい”と願う貴司への温かい言葉


貴司に「普通に幸せになってもらいたい」と母親・雪乃(くわばた)は望むが、貴司は「その普通が僕には難しい」「旅しながらその土地で働いて自分の居場所を探したい」と両親に初めて自分の本音と決意を話し始める。それでも雪乃は「わからへん…」とその思いを受け止められないそぶりを見せた。しかし、父親・勝(山口)が「わからんけど、お前がそういうならやったらええ。ほんで答え見つかったら教えてくれ。お父ちゃんもお母ちゃんもお前のことわかりたいねん」と話すと、雪乃も涙ながらに頷いていた。このお互いに歩み寄る姿が視聴者の感動を誘っていたが、「こっからおらんくなっても、お前とバッファローズは俺の希望の星や!」と勝が冗談交じりで明るく振る舞うと、重い空気が流れていた梅津家はいつもの雰囲気を取り戻し、3人とも笑顔を見せていた。


今週一週間、貴司は一体どうなっていくんだろう?と心配する視聴者も多かったと思うが、今回でひとまずホッと一安心となる展開となっていた。SNSでは「感動した!」「貴司くん、よかったね…!」「貴司くんの居場所、みつかるといいね」「お父さん、お母さん、素敵だな」「貴司くんのほっとしたような笑顔が見れてよかったよ~」「お父さん、“希望の星”って名言だわ」と貴司の決断を応援する声や、梅津夫妻の貴司への愛溢れる対応に反響の声が続々と寄せられている。


また、余談だが、勝の「バファローズ」を「バッファローズ」と呼ぶ発音も、「大阪のおっちゃんっぽい!」とSNSでトレンド入りを果たしていた。


連続テレビ小説『舞いあがれ!』

NHK総合 月~土 午前8時~

BS4K・BSプレミアム 午前7時30分~

(※土曜日は1週間の振り返り)



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント