広瀬すず、笑顔封じて“オトナ女子”役に挑む 傑作漫画『水は海に向かって流れる』が映画化

TV 公開日:2022/11/17 8
この記事を
クリップ

2021年に映像化もされた『子供はわかってあげない』で漫画賞を総ナメにした田島列島の傑作漫画『水は海に向かって流れる』が、主演 広瀬すず、監督 前田哲(『そして、バトンは渡された』)で映画化が決定、2023年6月より全国ロードショーされる。



本作は、ある雨の日の思いがけない出会いから始まる物語。過去の出来事から心を閉ざしてしまい、どこか冷めていて、日々を淡々と過ごす26歳のOL榊さん。「恋愛はしない」と宣言する彼女の止まっていた時間を動かすのは――。


【関連】広瀬すず「これはかなり恥ずかしいなぁ、寂しいなぁと」ゾッとしたエピソード明かす


シェアハウスに住むいつも不機嫌そうなワケありOL・榊千紗(さかき・ちさ)を演じるのは、広瀬すず。数々のヒット映画、ドラマに出演し、着実にキャリアを積み重ねてきた彼女が、2023年唯一の単独主演映画で、「ここまでクールで、感情が掴みにくい役は初めて」という難役に挑む。


メガホンをとるのは、『そして、バトンは渡された』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などヒット作が相次ぐ前田哲。人と人との向き合う過程を優しく描き、心の揺れ動きや溢れ出る感情を丁寧に映し出した、観るものの琴線に触れる映画が誕生した。


さらにはこの度、<ティザービジュアル>と<超特報映像>も解禁。ビジュアルでは、大人の雰囲気をまといつつも心に何かを抱えているような、これまでにないクールな表情を浮かべる榊さんこと、広瀬すず。前田監督に「今まで見たことのない広瀬すずを見せてくれるのではないか。すずさんの表現に私たちスタッフは心が鷲掴みにされることが何度もありました。」と言わしめるほどのハマり役。そのキャラクターの繊細さをしっかりと写し出すビジュアルになっている。


また、超特報映像では、本作でも重要なシーンのひとつ「ある雨の日の思いがけない出会い」を切り取っている。雨と傘を開く音が印象的で、さらに、広瀬演じる榊さんの不機嫌そうな声と表情、海で美しく映し出される横顔、「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに」という言葉…この物語の行方を見届けずにはいられなくなる映像となっている。


原作者・田島列島が「脚本を読んだ段階ではわからなかった、音楽も合わさって生まれる映像ならではのエモさ、コレ、漫画じゃ出来ねんだよなあーと思いました。」と太鼓判を押す本作の今後の続報にも期待が膨らむ。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント