1月期金曜ドラマ 井上真央&佐藤健&松山ケンイチ『100万回 言えばよかった』放送決定

TV 公開日:2022/11/17 12
この記事を
クリップ

TBSでは、2023年1月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で井上真央主演の“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー『100万回 言えばよかった』を放送することが決定した。





『100万回 言えばよかった』ストーリー

幼馴染だったが、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した相馬悠依(井上真央)と鳥野直木(佐藤健)。
運命のいたずらなのか…悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は不可解な事件に巻き込まれ突然悠依の前から姿を消してしまう。
悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲(松山ケンイチ)。直木は譲に、自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼むのだが…。一番愛している人にきちんと「ありがとう、さようなら、愛している…」を言えないまま別れることになってしまった直木は、その“思い残し”を果たすことができるのか…。


井上真央が16年ぶりTBS連ドラ主演

本作の主人公、相馬悠依(そうま・ゆい)を演じるのは井上真央。
大ヒットドラマ『花より男子2(リターンズ)』以来、TBS連続ドラマで主演を務めるのは実に16年ぶりとなる。井上演じる悠依は、有名美容室の系列店で店長を任されている。中学生という多感な時期に家庭の事情で里親の元へ預けられ、そこで直木と出会う。その後、直木とは別々の道を歩み音信不通だったが、直木が営む料理店で偶然再会。昔と変わらない空気感の直木に自然と惹かれた悠依は、彼となら幸せになれるという確信を持っていたのだが、直木は突然姿を消してしまうのだった。


子役として幼い頃から数多くの作品に出演してきた井上。代表作には、主演を務めた『キッズ・ウォー』シリーズや映画化もされたドラマ『花より男子』シリーズ(共にTBS系)、2011年に放送された連続テレビ小説『おひさま』、2015年の大河ドラマ『花燃ゆ』(共にNHK)などがある。また、2011年に公開された主演映画「八日目の蝉」では第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得。そんな実力派女優の井上が本作で、突然命を落としてしまった恋人を想い、悩みながらも少しずつ前を向いて歩み出す切ない主人公を演じる。


佐藤健は『恋つづ』以来3年ぶりの連ドラ

そして、鳥野直木(とりの・なおき)を演じるのは佐藤健。大きな話題となったラブストーリー『恋はつづくよどこまでも』では、胸キュンシーンで多くの視聴者を虜にした毒舌&超ドSドクター役が人気となった佐藤だが、本作では一変。憎まれ口をききながらも、悠依を真摯に想い続ける恋人を演じる。


【恋つづについてはこちら】『恋つづ』笑った顔が誰よりもかわいい…佐藤健の目から溢れる本心


直木は、悠依と同じく家庭の事情で里親に預けられた過去を持つ。料理人の道を目指していた直木は小さな店をオープンさせ、そこで悠依と偶然の再会を果たす。悠依と一緒に過ごす時間が長くなるにつれ、この先の人生も一緒に歩んでいきたいと思うようになるが、ある日突然事件に巻き込まれ、死んだ時の記憶が無いまま魂となって現世をさまようことになってしまう…。


佐藤は数多くの作品で主演を務め、映画「るろうに剣心」シリーズ、2015年放送のドラマ『天皇の料理番』、2018・2020・2022年に放送された『義母と娘のブルース』など多数の代表作を持ち、Netflixシリーズ「First Love 初恋」の配信も控えている。


松山ケンイチが刑事役

さらに、現世をさまよう直木と唯一意思の疎通ができる刑事・魚住譲(うおずみ・ゆずる)役を演じるのは松山ケンイチ。2021年に放送された日曜劇場『日本沈没-希望のひと-』では、信じられるリーダーとして未曾有の危機に立ち向かう経済産業省の役人を見事に演じ切った。

今回は、警視庁捜査一課への配属を夢見る刑事・譲を演じる。実家は千年続く寺であり、霊媒体質の家系に生まれたが幼少期からその才能は一切なかった譲。しかし、とある事件を追っている最中に、魂となって現世を彷徨う直木の姿が見えることに気づく。戸惑いを隠せないまま、直木の思いを伝えるため悠依に接触を図るのだが…。


松山は昨今、映画を中心に活躍しており今年は「ノイズ」「川っぺりムコリッタ」と2本の主演映画が公開に、さらに2023年にも主演映画「ロストケア」の公開が控えている。映画界でも大いに活躍する松山の演技に期待が高まる。


数多くのドラマ・映画に出演してきた井上、佐藤、松山だが、意外にも今回がそれぞれ連続ドラマ初共演となる。


脚本は『おかえりモネ』などの安達奈緒子

突然の死によって、運命が引き裂かれてしまった悠依と直木。そして2人を繋ぐ唯一のよすがである譲。
非情な運命とその運命に必死にあらがい、奇跡を起こそうとする3人の姿を中心に描く、完全オリジナルの“切なくて温かい”ファンタジーラブストーリー。『きのう何食べた?』『おかえりモネ』などを手掛けた脚本家・安達奈緒子が脚本を担当する。実力派俳優たちが、大切な人を想う心の機微を紡ぐ2023年1月スタートの金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』に期待が高まる。


1/2ページ