『ファーストペンギン!』若手漁師加入もトラブル続出、波乱の予感に奈緒“和佳”は?

TV 公開日:2022/11/16 2
この記事を
クリップ

女優の奈緒が主演を務める日本テレビの水曜ドラマ『ファーストペンギン!』第7話は、11月16日(水)よる10時放送。和佳(奈緒)が“水産業界のジャンヌダルク”に!?待望の若手漁師が加入するも…トラブル続出で波乱の予感。さんし船団丸に魔の手が忍び寄り、船の転覆事故が発生!?片岡(堤真一)ら漁師たちに絶体絶命の危機が訪れる。



第7話では、テレビ出演のおかげで「お魚ボックス」の売り上げが絶好調。人手が不足してきたため、和佳(奈緒)は人員募集をすることに。


一方、さんし船団丸のテレビ出演を止められなかった漁協の組合長・杉浦(梅沢富美男)のもとへ、地元の有力者・辰海一郎太(泉谷しげる)がやって来て、さんしを潰すには「針」を使えば良い、と不敵な笑みを浮かべる。どうやら、さんし船団丸に加入した新人3名の中の1人が、辰海の差し金で紛れ込んだ「針」らしいのだが…。

【関連】北川尚弥 長谷川ティティ 矢崎広『ファーストペンギン!』出演、新人漁師加入で波乱の予感


そんな中、農林水産省の溝口静(松本若菜)から和佳に「6次化を推進する活動を行い、水産業界を救うジャンヌダルクになってほしい」と声がかかる。和佳は「そんな大役、自分には無理!新人の育成もあるから…」と断ろうとしていたのだが、話を聞いた片岡(堤真一)は、「全員辞めんように、ワシがちゃんと面倒みる!」と和佳に宣言。しかし、世間知らずで空気を読まない大卒の新人・小森賢太郎(北川尚弥)に振り回され、山中篤(梶原善)をはじめ、船団員たちのストレスはたまっていくばかり。船団内が険悪ムードに包まれる中、恐るべき魔の手が忍び寄り……船の転覆事故が発生!?さんし船団丸に絶体絶命の危機が訪れる、緊迫の第7話。




【第7話あらすじ】

テレビ出演のおかげで、「お魚ボックス」の売り上げは絶好調!人手が不足してきたため、岩崎和佳(奈緒)は人員募集をすることに。その頃漁協では、組合長・杉浦久光(梅沢富美男)のもとへ、地元の有力者・辰海一郎太(泉谷しげる)がやって来て、「さんしを潰すには『針』を仕込めば良いのだ」と不敵な笑みを浮かべ…!?

しばらくして、さんし船団丸には3名の新人が加入。どうやらその中の1人が、辰海の差し金で紛れ込んだ「針」らしいのだが、何も知らない漁師たちは、浜に若者が来てくれたことを喜び、歓迎ムードに。

多忙な和佳に代わって、片岡洋(堤真一)が自ら教育係に名乗り出るも、世間知らずで空気を読まない大卒の新人・小森賢太郎(北川尚弥)の振る舞いに、皆のストレスはたまっていくばかり。船団の空気がどんどん険悪になる中、命にかかわる大きな事件が…!?


■水曜ドラマ『ファーストペンギン!』

毎週水曜よる10時 放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)