NEWS 加藤シゲアキ「幸せって何だろう」小山慶一郎のある変化に複雑な表情

TV 公開日:2022/11/15 9
この記事を
クリップ

NEWS加藤シゲアキ、メンバー小山への複雑な思いを吐露「幸せって何だろう」。『踊る!さんま御殿!!』「二刀流芸能人SP」は、11月15日(火)よる8時放送。



オープニングでは、芸人とプロ野球選手の二刀流として呼ばれていた高岸宏行ティモンディ)が収録当日に盲腸になり来られなくなってしまったため、1人で収録に臨むことになった相方・前田裕太に対してさんまが「帰ってくれ」と戦力外通告し、前田が大慌て。


初登場の秋川雅史は「一番会いたかったのは、さんまさんなんです!」と感激。現在、彫刻家としても話題になっているが、個展の作品を売らない理由について、彫刻への深い想いを語る。


AAAとしての活動以外に、ラッパー、音楽プロデューサー、事務所社長と、さまざまな顔を持ち大活躍中のSKY-HIは、隣に座る古坂大魔王とAAA結成前からの知り合いであり、「プロデューサー一歩目は古坂さんの家から始まった」と告白。


タレント兼ライバー事務所社長の福岡みなみは、ライバーについてよく知らないさんまに「お金持ちのおじさんたちがめちゃくちゃいっぱいお金を使ってくれます」と言い出し、さんまを驚かせる。


「人に理解してもらえない私だけの悩み」では、古坂、野田クリスタルマヂカルラブリー)、こたけ正義感の3人が、それぞれ“芸人”ともう1つの顔とのギャップについての悩みを相談。古坂は国連環境計画(UNEP)の会議、野田はゲームクリエイターとして学校で講義、こたけは弁護士として裁判に出廷と、お笑いの世界とはあまりに違う空気感に「真剣に話を聞かれるとスベってると思ってギャグをやってしまう」「ライブで使う大きいフリップを法廷に持って行くと、とんでもない証拠のように思われてしまう」など、二刀流ならではのエピソードにスタジオ中が興味津々に。


また、職業病の話題になると、秋川が「さんまさんの声が気になる。奥のほうで声を出している」と言い出し、古坂とSKY-HIの3人で本格的な分析がスタート。SKY-HIからは「ラッパー向きですよ」「(さんまのトークに)トラック付けたら音楽みたいになりますよ」、古坂からは「トークくださいよ。僕らでリズムつけますから」と言われ、さんまも「聞いてみたい!」と大喜び。


加藤シゲアキ(NEWS)は、NEWSとしての仕事の合間に小説を書いているため「休みがないのが普通」という自覚はあるものの、メンバーの小山慶一郎のある変化を見て、「幸せって何だろう」と複雑な表情。さらに、「申し訳ないですけど」と言いつつも、小山への本音が思わずヒートアップしてしまう。

【関連】小山慶一郎「変換期を迎えている」現在のNEWSへの思い明かす


■『踊る!さんま御殿!!』

2022年11月15日(火)20時00分~21時00分放送

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント