『霊媒探偵・城塚翡翠』「登場人物全員嘘つき」の意味とは?最終話で全ての伏線が大回収

TV 公開日:2022/11/13 7
この記事を
クリップ

日曜ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(れいばいたんてい・じょうづかひすい/日本テレビ)の最終話が、今夜10時30分より放送される。本作のキャッチコピーは「すべてが、伏線。」今夜、第1話から張り巡らされていたその壮大な伏線の数々が、ついに大回収される。


【関連】『霊媒探偵・城塚翡翠』サブタイトルが伏線?異例の“最終話”に向け考察白熱「まさか、、」

城塚翡翠(清原果耶)の“霊視”によって、9 人の若い女性達の命を奪った連続殺人犯『透明な悪魔』の正体が、鐘場警部(及川光博)であると聞いた香月史郎(瀬戸康史)は、彼を捕らえるための作戦を計画する。すべて順調に事が運ぶように思われたが、狡猾な『透明な悪魔』の魔手は、翡翠のすぐそばにまで迫っていた——。私の死は、どうしたって防げない。はたして、そう告げた翡翠の運命を変えることはできるのか?

翡翠が、千和崎真(小芝風花)が、香月が......!? 世間を震撼させた女性刺創連続殺人事件の終わりには、想像を絶する出来事が待ち受けていた。テレビドラマの常識を覆す。すべての伏線が回収される驚愕の最終話。テレビドラマの常識を覆す新たな仕掛けが明かされる、今夜、衝撃の映像体験に期待したい。


話題沸騰中の最終話予告もチェックしてみていただきたい。「あなたは既に騙されている」「登場人物全員嘘つき」この言葉の意味は、ぜひ放送で。さらに番組公式 Twitter では放送に合わせてリアルタイム投稿を予定。公式ハッシュタグ #城塚翡翠 で感想・応援コメントも募集している。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント