『アトムの童』衝撃の結末から第6話は第二章へ、山﨑努 麻生祐未 加藤ローサ出演

TV 公開日:2022/11/13 8
この記事を
クリップ

山﨑賢人主演で放送中の日曜劇場アトムの童(こ)』(毎週日曜よる9時放送)。若き天才ゲーム開発者が巨大資本に立ち向かい、周囲との関わりの中で成長していく姿を描く、脚本家・神森万里江による完全オリジナルストーリーだ。


【関連】『アトムの童』松下洸平 “相棒”役に垣間見える芝居へのこだわり


本日放送された第5話では、那由他(山﨑賢人)たちが生み出した「ゲッチャリロボ」がアジア最大のゲームアワードでベストワン賞を受賞。アトム玩具のメンバー全員で喜ぶのも束の間、最大の敵である「SAGAS」にアトム玩具が買収される・・・という衝撃の結末となった。


11月20日(日)放送の第6話から物語は次のステージへ、第二章がスタートする。


第二章では那由他たちが新たなゲーム開発に乗り出し、そこに大きく関わっていく人物役で山﨑努、麻生祐未加藤ローサが出演する。

那由他たちがゲームの新たな可能性を探っていく第二章。興津(オダギリジョー)との因縁の対決は政界や異業種を巻き込んでスケール感を増し、さらにゲーム業界の勢力図に大きな変化ももたらす。


▼関連記事


日曜劇場『アトムの童(こ)』
毎週日曜よる9:00~9:54

©TBS


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント