『霊媒探偵・城塚翡翠』サブタイトルが伏線?異例の“最終話”に向け考察白熱「まさか、、」

TV 公開日:2022/11/11 33
この記事を
クリップ

毎話オカルトとミステリとを巧妙に絡めた展開で切なく幻想的な物語を見せてくれるドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』(れいばいたんてい・じょうづかひすい 毎週日曜よる10時30分)。本作は“霊が視える”という能力を持つヒロイン・城塚翡翠(清原果耶)が、死者からのヒントを頼りに、推理作家・香月史郎(瀬戸康史)とともに難解な事件と向き合っていく物語。




第4話は怒涛の展開で幕を閉じた。雨野天子(田中道子)は鐘場正和(及川光博)を追って廃病院へ向かい、蛯名海斗(須賀健太)は天子かららしき電話を黙殺、そしてパーキングエリアでは香月が目を離したすきに翡翠が消えた。最終話と告知された第5話「VS. Eliminator PartⅡ」連続殺人鬼“透明な悪魔”の正体がついに明らかになるのだろうか。

(※次ページより第4話までのネタバレあり)


▼第4話についてはこちらから

【関連】『霊媒探偵・城塚翡翠』犯人は警察関係者?疑惑だらけの第4話、SNSは“最終話”に向け考察合戦に


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント