『舞いあがれ!』山下美月が鼻歌で歌う懐メロ”にSNS反響「鼻歌上手!」「懐かしい~」

TV 公開日:2022/11/11 7
この記事を
クリップ

福原遥がヒロインを務める連続テレビ小説舞いあがれ!』の第30回が11日、放送された。第30回では、舞(福原遥)・貴司(赤楚衛二)・久留美(山下美月)の3人がそれぞれ悩みを抱え思い悩む姿が描かれた。そんな中、久留美が劇中で鼻歌で歌っていた楽曲に「懐かしい!」「2005年感ある~!」とSNSで話題となっている。(以下第30回ネタバレあり)



【関連】『舞いあがれ!』山下美月、幼なじみ3人のシーンは「一生の思い出」福原遥とはすぐに仲良しに


スワン号の記録飛行を終えた舞は旅客機のパイロットになりたい思いを募らせ、航空学校に進学したい気持ちを固めていく。第30回ではなにわバードマンの面々にその思いを打ち明けることができたが、両親にはまだその思いを伝えることが出来ず、悩む日々を過ごしていた。

久留美も看護学校の特待生となり、前向きに頑張ろうとしていた矢先、父親が仕事を辞めてしまい、そのことで父親と口論になり家を飛び出してしまう。そして貴司も仕事がうまくいかず会社での居場所を失い、詩をかけなくなってしまっていた。さらに、心の拠り所であった古本屋デラシネも閉店することを知ってしまう。


3人が3人ともそれぞれ大きな悩みや壁にぶち当たり、悩み苦しむ姿が描かれていた第30回。


そんな中、久留美が父と口論する前、舞に特待生になったことを告げる場面で、久留美は木村カエラの『リルラ リルハ』を鼻歌で歌いながらがら登場。この劇中で登場した『リルラ リルハ』は2005年3月30日にリリースされ、CMソングとしても話題となり日本レコード協会のゴールドディスク認定も受けた2005年当時の大ヒット楽曲だ。第30回から物語の舞台は2005年となっており、時代を感じさせる演出と、久留美の鼻歌に「懐かしい~!!!」「当時めっちゃ聞いてたなぁ~」「美月ちゃん、鼻歌まで上手!!!」とSNSは大反響。放送後、『リルラ リルハ』がTwitterのトレンド入りを果たしていた。


連続テレビ小説『舞いあがれ!』

NHK総合 月~土 午前8時~

BS4K・BSプレミアム 午前7時30分~

(※土曜日は1週間の振り返り)


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント