杉野遥亮、さんま役は「背中を押して戴く瞬間がありました」角田晃広は萩本欽一役

TV 公開日:2022/11/06 9
この記事を
クリップ

日本テレビ特番『誰も知らない明石家さんま 第8弾』が11月20日(日)に放送される。恒例の“さんまドラマ”で、さんま役に杉野遥亮、萩本欽一役に東京03角田晃広が決定した。



明石家さんまVS萩本欽一 伝説の一夜をドラマ化

いまでは日本で知らない人はいない、お笑い怪獣 明石家さんま。
2015年の放送より、あらゆる手法でさんまの知られざる一面を掘り起こしてきた特番の第8弾。恒例の特別ドラマは「明石家さんまVS萩本欽一」。
1987年当時“視聴率100%男”と呼ばれた萩本欽一と若き日のさんまの初の共演となった伝説の一夜をドラマ化。明石家さんま役に杉野遥亮、萩本欽一役に角田晃弘(東京03)。脚本は今年も芥川賞作家でもある又吉直樹が担当。今年も明石家さんまの新たな一面を明らかにする。


出演者コメント

杉野遥亮(明石家さんま役)

今回さんまさん役を演じるにあたって過去の映像を沢山見させていただいたんですが、
改めて「ああ、かっこいい人だな…」と思いました。よく〝現場は戦場だ!〟なんて言ったりしますけれど、
さんまさんが萩本欽一さんに『欽ドン』最終回ゲストで挑むシーンは…まさに戦場でした。
いつも何かと戦っているさんまさんを演じることを通じて、「自分はもっと頑張れるな」と背中を押して戴く瞬間がありました。

オファーを戴いた時、さんまさんを演じること自体も難しいだろうし、関西弁もゼロからの挑戦ですし、
自分が何をどこまでできるのかとか全然想像もつかなかったんですけど、
「もうこうなったら、腹をくくってやるしかない、全部出し切るぞ!」という気持ちで
角田さんと二人で精一杯演じさせていただきました。是非、ご覧いただければと思います。


角田晃弘(東京03)(萩本欽一役)

今回萩本さん役をやらせていただくにあたって昔のコント55号の映像を沢山見まして、
めちゃくちゃ面白かったんです。そのコントをまさに再現するシーンもあって、
ちゃんとやれるか、みたいなプレッシャーもありました。
改めてコント55号のコントを見る機会がいただけたというのはすごくありがたかったですし、
東京03でコントをやる上でも生かせたらなって思いました。
杉野くんと二人で精いっぱいやって、楽しい作品になったと思います。ぜひご覧ください。


過去放送のドラマと出演俳優

①一度だけ芸人を辞め駆け落ちした時代
【明石家さんま役…菅田将暉  彼女役…新川優愛】

②明石家さんまが語る一番面白かった高校生時代
【明石家さんま役…北村匠海  高校教師役…神保悟志】

③明石家さんまの一番長い一日 ~離婚発表の日~
【明石家さんま役…斎藤工  大竹しのぶ役…剛力彩芽】

④さんまが泣いた日~師匠との出会いから別れ~
【明石家さんま役…成田凌  師匠役…小日向文世】

⑤笑顔に会いに行く道~父親明石家さんま~
【明石家さんま役…安田顕  息子役…佐藤勝利 

⑥おじいの笑顔~僕に生き方を教えてくれた~
【明石家さんま役…勝地涼 おじい役…古田新太】


■「誰も知らない明石家さんま 第8弾」
放送日時:11月20日(日) 19時00分~21時54分

(C)日本テレビ

※本記事は掲載時点の情報です。