賀屋壮也(かが屋)、SixTONES京本大我の“柿ピー先輩”役に決定『束の間の一花』

TV 公開日:2022/11/05 3
この記事を
クリップ

日本テレビ「シンドラ」枠(毎週月曜深夜24時59分~)で放送中の『束の間の一花』。この度、京本大我SixTONES)演じる主人公・萬木のサークルの先輩役に賀屋壮也かが屋)が決定した。



SixTONES・京本大我が連続ドラマ単独初主演、前向きで明るいヒロインを藤原さくらが演じる。余命宣告を受けている「哲学講師」と「生徒」。いつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごすふたりの儚くも温かい“束の間”の恋の物語。


11月7日(月)に放送される第4話で、萬木の家に突然押しかけてきた柿ピー先輩。キングオブコント2022決勝戦で大暴れした、かが屋・賀屋壮也がシンドラでも大暴れする。お見逃しなく。


<第4話あらすじ>

「この恋に未来なんてない」余命宣告を受けた元哲学講師・萬木昭史(京本大我)は千田原一花(藤原さくら)の想いを受け止め、再び会う約束をする。そんな中、萬木の家に大学のサークルの先輩、柿ピー先輩(賀屋壮也(かが屋))が押しかけてくる。嫁に捨てろと言われた車のハンドルを押しつけられるなど、柿ピー先輩に振り回される萬木。

一方の一花は再び先生に会えることになり、さらにカレーを作るという未来の約束まで果たし、幸せを噛み締めていた。しかし一花は自分も病気で余命わずかであることを萬木に言い出せずにいた…。奇しくも余命宣告をされた同じ境遇のふたりの、束の間のきらめく物語。


<賀屋壮也(かが屋)コメント>

柿ピー先輩をやらせていただきました、かが屋の賀屋です。ありがとうございます。柿ピー先輩役ですというお話をいただいた時全く意味がわからず、人間かどうかもわからなかったのですが、台本を読ませていただくと素敵な物語で、重要な役で、人間でした。とても楽しくやらせていただきました。京本さんと一緒のシーンで合間にお話もさせてもらって、コレクションのカオスソルジャーの写真も見せてもらって最高に楽しかったです。是非ご覧ください!




■日本テレビ「シンドラ」『束の間の一花』

毎週月曜24:59~25:29放送(30分×全10話)

※Hulu・TVerでも配信

©NTV・J Storm

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)