上白石萌音、恒例の看板ショットで新ポーズ 「待ってました」とファン反応

TV 公開日:2022/11/04 21
この記事を
クリップ

女優・歌手の上白石萌音が4日、自身のInstagramを更新。出演するドラマの看板を担いだ写真を公開し、ファンは「待ってましたー」と反応している。



この日スタートする北大路欣也主演の金曜8時のドラマ『記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~』(テレビ東京系)で、刑事志望の司法係・遠山咲を演じている上白石萌音。


投稿した写真では、身長ほどありそうな番組のロゴ看板を肩にのせて、力強く片手で支え、視線は落としてクールな表情を浮かべている。


刑事ドラマ『記憶捜査』は2019年、2020年に続きシーズン3として放送される人気シリーズ。実は上白石は、シーズン1やシーズン2の時も、看板とともに写った自身の写真を投稿していた。シーズン1の時は、看板のうしろからひょっこり、シーズン2は片手で頭上に看板を掲げていた。



これに対し、ファンは「看板芸待ってましたー」「これこれ!お待ちしておりました♪」「無事に看板シリーズ更新」「看板持ち新ポーズ」などと反応。また、「萌音遠山くんかっこいい」「今回も力強い」という声も上がっている。


なお、上白石は過去に、自身が主演を務めた『恋はつづくよどこまでも』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』などでも看板ショットを披露しておりファンにとってはお馴染みとなっているようだ。


上白石が出演する金曜8時のドラマ『記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~』は4日放送スタート。初回は2時間スペシャルで放送される。


▼記者会見レポート



引用:上白石萌音とマネージャーTwitter(@mone_tohoent)、上白石萌音Instagram(mone_kamishiraishi)より

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント