『エルピス』長澤まさみ、眞栄田郷敦の力借り真相究明へ 第2話場面写真&あらすじ到着

TV 公開日:2022/10/31 3
この記事を
クリップ

カンテレ・フジテレビ系にて10月31日(月)よる10時から放送のドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第2話より、あらすじと場面写真が到着した。


【画像】第2話場面写真(全14枚)



長澤まさみが4年半ぶりに連続ドラマの主演を務める本作は、脚本・渡辺あや×監督・大根仁 による社会派エンターテインメント。スキャンダルによって落ち目となったアナウンサー・浅川恵那(長澤)と、バラエティ―番組の若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)らが、10代の女性が連続して殺害された事件のえん罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く。

【関連】『エルピス』元人気女子アナ・長澤まさみ、連続殺人事件の冤罪疑惑を追いかける


<第2話あらすじ>
「真犯人は野放しになっている」――、拓朗(眞栄田郷敦)の言葉がまるで何かの合図だったかのように、行方不明になっていた中学2年生の女子生徒が遺体で発見される。首には、かつて世間を騒がせた連続殺人事件の被害者と同じく絞められた痕があり、遺体発見現場も同じ神奈川県八頭尾山の山中。これは偶然か、それとも――。

当時、犯人として逮捕・起訴された、松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪(えんざい)を訴えていた拓朗の言葉に、わずかな可能性を見た恵那(長澤)は、自身が番組のコーナ―MCを務める「フライデーボンボン」で過去の事件を調査報道したいと考える。しかし、プロデューサーの村井(岡部たかし)に取り合ってもらえるはずもなく、恵那はひとまず、一人で事件を洗い直すことに。そして、当時14歳で、逮捕当日に松本の家で保護されたヘアメイクのチェリーこと大山さくら(三浦透子)が書きためた裁判記録をもとに、松本が殺人を犯したとされる日の足取りを確認すると、検察側のある主張に違和感を覚える。

一方、事の重大さに気づき、一度は真相究明から手を引いた拓朗だったが、恵那が本格的に動き出したことを知り、自分も手伝いたいと申し出る。中途半端な覚悟にあきれつつも、とりあえず戦力として拓朗の力を借りることにした恵那。するとその矢先、担当弁護士の木村卓(六角精児)を通して面会を申し込んでいた松本死刑囚本人から、恵那宛てに手紙が届く。さらに、思いもよらない人物から1本の電話がかかってきて…。


▼第2話予告




■『エルピス―希望、あるいは災い―』
2022年10月クール(初回10月24日)毎週月曜午後10時
カンテレ・フジテレビ系全国ネット

(C)カンテレ


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント