玉森裕太主演『祈りのカルテ』第5話の舞台は循環器内科 ゲストに高橋努&成海璃子

TV 公開日:2022/10/29 6
この記事を
クリップ

玉森裕太主演、現役の医師でもある作家 知念実希人によるシリーズ累計22万部突破のベストセラーが原作の土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』。本日放送回の予告映像にて、来週放送の第5話のゲスト指導医とゲスト患者として高橋努成海璃子の出演が解禁された。



2年間の研修医生活のうち、1年目の最後に諏訪野(玉森裕太)、みどり(池田エライザ)が訪れる第5話の舞台は循環器内科。高橋演じる上林はガッツと持久力があり、後輩想いでチーム医療を大切にする、体育会系マインドの循環器内科医。


【関連】『祈りのカルテ』玉森裕太&矢本悠馬、超クセあり指導医に挑むメイキング映像解禁


成海演じる四十住絵理は特別病棟のVIPルームに極秘入院中の人気女優。実は入院中の沙智(豊嶋花)の姉で。指定難病である特発性拡張型心筋症を患い、補助人工心臓装置につながれベッドから動けないため、アメリカでの心臓移植を希望しており…という役どころ。


情報解禁にあたって高橋は「上林はどこか体育会系でグイグイ引っ張るタイプではあるが、オフると頼りきれない人間らしさがある役」「今回の第5話は難病を扱った話で、難しさとやりがいがあり、非常に楽しかった。苦しいシーンもありますが。とっても良い話なので是非ご覧ください。」と、撮影を終えての手ごたえを語った。


また成海は自身の演じるキャラクターについて「周囲に対してきつく当たったり、わがままな振る舞いをしているように見えたりするんですけど、その裏側にある彼女の本心や、本当はどんな人なのかが後半で明らかになってきます。豊嶋花さん演じる沙智ちゃんの実のお姉さんでもあるので、姉として、沙智ちゃんとどういう関わり方をするのかも、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。」とコメントした。


治療ではなく、アメリカでの心臓移植を待つお騒がせ女優。極秘入院の情報が漏れた裏には渦巻く陰謀が…?彼女のたった一つの願いに 諏訪野とみどりはたどり着けるのか――――?


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント