日曜劇場『アトムの童』第4話から西田尚美、日本のゲーム市場を左右するキーパーソン役

TV 公開日:2022/10/30 7
この記事を
クリップ

山﨑賢人主演で放送中の日曜劇場アトムの童(こ)』(毎週日曜よる9時)。

若き天才ゲーム開発者が巨大資本に立ち向かい、周囲との関わりの中で成長していく姿を描く、脚本家・神森万里江による完全オリジナルストーリーだ。


【関連』『アトムの童』松下洸平の表情に涙がとまらない、山﨑賢人との対峙でみせた絆


ゲーム開発に乗り出した「アトム玩具」を次々と試練が襲う中、11月6日放送の第4話から経産省事務次官役で西田尚美が出演する。


西田はキャリアウーマンや母親など幅広い役を演じ、これまで数々の話題作に出演。日曜劇場『半沢直樹』(2020年)では、“鉄の女”の異名を持つ銀行員役で、重大な局面でバンカーの意地と誇りを示す熱演が視聴者の心を揺さぶった。


本作で演じるのは、ゲーム業界に深く関わっていく経産省事務次官の堂島由里子(どうじま・ゆりこ)。日本のオンラインゲーム市場を左右するキーパーソンである。「アトム玩具」VS「SAGAS」の構図の中で、彼女はいったいどう立ち回るのか? 「アトム玩具」にとって敵か、それとも味方か・・・!? 対立が激しさを増す中、西田演じる堂島の動向に注目いただきたい。


▼関連記事

 

日曜劇場『アトムの童(こ) 』

毎週日曜よる9:00~9:54

(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント