古田新太、中村倫也ら多くの俳優仲間や演出家から慕われ信頼される理由とは

TV 公開日:2022/10/28 10
この記事を
クリップ

古田新太が、10月30日(日)放送の『日曜日の初耳学』(MBS/TBS系全国ネット放送、22:00~22:54)に登場する。多くの俳優仲間や演出家から慕われ信頼される理由とは…?



林先生が“時代のカリスマ”と一対一で対峙する大人気企画「インタビュアー林修」のゲストは役者・古田新太。
いま、役者が“一番出たい舞台”と口を揃える劇団☆新感線の看板役者として活躍する一方、映像作品では欠かせないバイプレイヤーとして確かな存在感を放つ古田。その俳優仲間から慕われてやまない素顔とともに、多くの演出家や俳優から信頼される仕事の流儀に迫る。


俳優を志したのは、小学生の時。当時から音楽、ダンス、格闘技など様々な習い事をして自分を磨いていたというが、役者としてやったことがないようにしておかなければという思いから。その信念は今もなお変わらず、「俳優は‟できない”と言ってはいけない職業」と、演出や監督から言われたことができる技術を身につけておくべきとキッパリ…。


そんな努力を重ね大学はミュージカル科に進学した古田は、大学の先輩だった俳優・渡辺いっけいの誘いで公演に出演したことがきっかけで、劇団☆新感線の所属俳優になった。1990年、古田が主役と悪役の一人二役を演じ大きな話題となった『髑髏城の七人』は、劇団の代表作として今も上演し続けられている。芸能界にはそんな古田を慕い、劇団☆新感線の舞台に出演したいというたくさんの俳優たちが…。天海祐希小栗旬中村倫也ら多くの俳優や演出家たちから信頼され、人を惹きつけてやまないその理由とは?


一方、映画やドラマでは、どんな役でもこなす実力と存在感で光を放ち、バイプレイヤーとして引っ張りだこの古田だが、実は34歳まで映像作品のオファーは断っていたという。オーディションが嫌いだったと当時の思い出を語る古田が明かした、映像に興味を持てなかったもうひとつの大きな理由とはいったい?そして、そんな古田の考えを変えた宮藤官九郎作品との出会いとは?
さらに、人間関係に悩む人必見。古田流・人との付き合い方の極意も教えてくれる。



そして、誰もがうっすら知っているけど深くまでは知らない“話題のトレンド”を林先生とともに掘り下げていく「初耳トレンディ」。今回のテーマは“キャッチコピー”。キャッチコピーや広告に詳しい専門家が、街中やCMで目にするキャッチコピーを例に、1行のコピーに込められたテクニックなどその面白さを解説してくれる。
さらに、中島健人が超一流企業からの依頼が殺到する売れっ子コピーライターに弟子入りして、キャッチコピーの極意を学ぶ。


■『日曜日の初耳学』
10月30日(日) 午後10:00~午後10:54
<出演>
MC:林修、大政絢
ゲスト:大家志津香佐藤仁美澤部佑(ハライチ)、千原ジュニア丹生明里日向坂46
<※50音順>
VTR出演:中島健人(Sexy Zone)、中村倫也、古田新太


(C)MBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)