金ロー『君の名は。』放送、声優 神木隆之介&上白石萌音に「気づかなかった」藤井アナ絶賛

TV 公開日:2022/10/28 24
この記事を
クリップ

11月11日に迫った新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』の公開を記念して、「金曜ロードショー」では、今夜9時から新海監督の大ヒット作『君の名は。』を本編ノーカットで放送する。本作の大ファンだという『news every.』メーンキャスターの藤井貴彦アナウンサーが、本作の魅力を紹介。本作で声優を務めた神木隆之介上白石萌音の印象などを語った。



大ヒット作『君の名は。』は、夢の中で“入れ替わる”少年と少女の恋と奇跡の物語。



2016年に公開された『君の名は。』は、新海誠監督の描き出す繊細な世界観と、予想を覆すストーリー展開が大きな反響を呼び、歴代興収5位(邦画歴代3位)となる250.3億円を記録。海外でも各国で大ヒットを記録し、国内外の映画賞も席巻。『秒速5センチメートル』(07年)、『言の葉の庭』(13年)などで注目されていた新海誠監督の名前を、一躍世界にとどろかせた。


入れ替わってしまう高校生、立花瀧と宮水三葉を演じたのは、神木隆之介と上白石萌音。RADWIMPSが担当した音楽も話題となり、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。『前前前世』をはじめとする主題歌も大ヒットを記録した。


<藤井貴彦アナウンサー コメント>


Q.『君の名は。』を最初に見た印象は?

私は、実はあまり映画館で映画を観るタイプではないのですが、大統領選挙の取材でアメリカに行く時に、飛行機の中で初めて本作を観ました。片道でも結構長い時間をどのように過ごそうかとリモコンをいじっている時に、たまたま「君の名は。」が出てきたのです。最初は英語の字幕と日本語の音声を照らし合わせながら観ていたのですが、だんだん英語が見えなくなり、『君の名は。』の世界にどっぷりハマりました。更に、帰りの飛行機でも『君の名は。』を観ました。同じものを見たのに2回泣きました。往路復路とも3シーン×2で、都合6回泣きました。
かつての日本映画で『君の名は』という同じタイトルの映画がありましたが、観る前はそれを何か踏襲しているのかなと思っていたのですが、全く違うものでした。最後のシーンで『君の名は。』というタイトルがバッと出てくるのですが、その直前のシーンに、「だから『君の名は。』というタイトルを付けたのか!」という謎解きがあるんですよ。行きの飛行機でも帰りの飛行機でも、同じところで鳥肌が立ちました。最後の最後まで全てが組紐のように合わさっていくストーリーが、私にとっては心地良過ぎましたね。


Q.『君の名は。』の魅力は?

この作品の魅力は、セリフに無駄がないことだと思います。どのセリフもどの行動も、1つ1つが組み合わさっているんですよ。それが、最後の最後にパッとすべて解かれるというような感じで、優しい気持ちになりました。大統領選挙の取材では現地からの中継でずっと緊張していたのですが、その緊張が成田空港に到着するまでにフワーっと解かれるようで、そのまま気持ちよく涙が流せました。


Q.声優:神木隆之介さん・上白石萌音さんの印象は?

正直申し上げると、当初、声優が神木さんと萌音さんであることを知りませんでした。でも後で調べてみて、「こんなに素敵なお二人が出ているのに気づかなかったな」と。逆に言うと、作品に没頭させてもらえたなという感じがあります。私が言うのも僭越ですが、それだけお二人の演技のクオリティが高かったということ、声優が声優と気づかれないというところに非常に高いクオリティがあるのではと思いました。例えば我々の仕事でも、アナウンサーがニュースを読んでいるなと思われた時点で、そのアナウンサーはちょっと上手くないんですよね。本当にクオリティの高いアナウンサーはニュースの内容しか入ってこない。それがこの映画では実現されていたので、お二人さすがだなと思いました。


Q.印象的なセリフ、シーンは?

三葉が瀧くんに、「私のこと覚えてない?」と聞くシーンです。あのシーンを観ている私は、もう声にならない「覚えていてくれ!」が出てしまいそうな想いでした。その時の三葉の心中を想うと、まさに親のような気持ちで、「あ~、三葉、よく言った!三葉は悪くない!」と。今でもそのシーンを想い出すと本当に涙が出そうになります。そしてストーリー的には、実はあのシーンが一つの分岐点になっていて、だからこの映画は面白いんだと感じます。

もう一つ挙げると、瀧が自分の記憶なのか、何かの残像なのかわからないまま、“ある映像”を頭に浮かべながら山を登っていくシーンです。そして「あ、やっぱりここだ!」と“答え合わせ”をするのですが、そこからは自転車で坂道をスーっと下っていくようにクライマックスへ向かっていくんです。「あ、ここから全ての謎解きが始まるんだな」ということがわかります。あの時あの景色を見た瀧、そして私たちがその瀧の後ろ姿を観ている。瀧が夢で見たと思っていた景色が実際にあったんだと、映画を観ている”私”も気付いた時、つまり視聴者と映画の中の瀧の感覚が一致した時、あれが私の一番印象深い瞬間でした。


Q.『君の名は。』に関するエピソード

実は私、今でもスマホのカレンダーの背景が『君の名は。』なんです!それが出た時からずっと使い続けています。三葉が髪に結んでいた赤い紐がアイコンとなっているカレンダーなのですが、いまだに変えられません。


Q.視聴者へのメッセージ

今まで『君の名は。』を見たことがないという方は、今回の放送を機に、ぜひ一度ならず、二度三度見ていただきたいと思います。なぜなら、その一つ一つのシーンに一つ以上のメッセージが込められているからです。そのメッセージとはいったい何なのかを考えながら見ていくと、1回目で見た感動を2回目で超えてくると思います。それは日本酒を何年か寝かせると深みが出るのと同じだと思います。1度見ているという方も、ぜひ今回改めてご覧頂いて、その深みを感じてもらいたいと思います。


■『君の名は。』(2016) 本編ノーカット
10月28日(金)9時00分~11時24分 ※放送枠30分拡大



©2016「君の名は。」製作委員会

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント