『永遠の昨日』衝撃シーンのその後、満(井上想良)がとんでもない行動に…!?

TV 公開日:2022/10/26 11
この記事を
クリップ

27日深夜に注目の第2話が放送となるドラマ『永遠の昨日』より、第2話の場面写真が解禁となった。



交通事故にあってしまった高校生の浩一と同級生の満が心を通わせ、生と性を見つめて懸命に“生きた”2人の姿を描いたBLのレジェンド原作『永遠の昨日』(榎田尤利)。「泣けるBL小説」の決定版として多くのファンに支持されている名作が『恋は光』(2022) の小林啓一監督によりドラマ化。小宮璃央井上想良がW主演を務める本作は、MBSほか「ドラマシャワー」枠にて10月20日(木)より放送がスタートした。


第1話のラストは衝撃を与えた。
大振りの雨が降る中、1つの傘に入って歩く山田浩一(小宮璃央)と青海満(井上想良)。「みっちゃんの盾になるため」と車道側を歩く浩一と当たり前のようにその隣にいる満。いつもの通りの通学路、二人のありふれた日常のはずだった…。しかしそれは一瞬にして崩壊する。楽しい会話の途中、突然満は浩一に身体を押され、よろめく。その刹那、大型トラックとすれ違い、満が振り向くと傘が宙を舞っていた――。という衝撃のシーンで終わった前回の第1話。


第2話は目の前で交通事故を目撃した満は慌てて浩一に駆け寄るところからスタートする。しかし慌てる満に対し、浩一は何事もなかったようにそのまま起き上がり、いつものように笑って見せる。ただ一つ違っているのは、浩一の心臓が動いていないこと。まるで浩一の時間だけが止まっているようにも感じられた。


雨の中の場面写真は、そんな二人の様子が垣間見られるものとなっている。雨で音が遮られる中、必死に浩一の心音を確かめる満の姿。いくら確かめても聞こえるはずのない音を必死に聞こうと浩一の胸に耳を押し付ける、満の切ない表情に涙が止まらないシーンとなっている。


しかし心臓は動いていないだけで浩一は確かに生きている。時間が止まった身体になってしまった浩一が今までと同じ生活を継続できるように、満はクラスメイトの委員長(新原泰佑)や郁美(鳴海唯)、そして担任の小河先生(中村優一)、玉置先生(朝井大智)に協力を仰ぎ、驚きの行動に出る。満の提案に動揺が隠せない委員長と郁美の姿や、戸惑う小河先生と玉置先生の姿も場面写真から確認できる。


さらに、手を繋いで夜道を歩く二人の姿は、何気ない日常の中にある互いの存在を確かめ合っているようだ。浩一と満は今後どういう運命を辿るのだろうか…?


二人の行く末が気になる第2話は、10月27日(木)深夜MBSドラマシャワーほか放送となっている。



■ドラマシャワー「永遠の昨日」(全8話)
MBS 10月20日(木)より毎週木曜25:20(※初回のみ25:29)
テレビ神奈川 10月20日(木)より毎週木曜25:00~
群馬テレビ 10月25日(火)より毎週火曜24:30~
とちテレ 10月26日(水)より毎週水曜25:00~
テレ玉 10月27日(木)より毎週木曜23:00~
チバテレ 10月27日(木)より毎週木曜23:00~ ほか


(C)「永遠の昨日」製作委員会・MBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント