『すきすきワンワン』岸優太が“恋する”元愛犬役は美 少年・浮所飛貴に決定

TV 公開日:2022/10/25 6
この記事を
クリップ

日本テレビ 深夜ドラマ「シンドラ」枠にて2023年1月にスタートする『すきすきワンワン!』。このたび、岸優太King & Prince)が恋する元愛犬役が、浮所飛貴(うきしょ ひだか)(美 少年ジャニーズJr.)に決定した。飼い主・岸優太と、愛犬・浮所飛貴との全てを超越した“愛情”の物語がスタートする。



雪井炬太郎(26)は、夢もなく、欲もない人生諦めモードの男子。いったん勤めた会社もなんとなく辞めてしまい自堕落な生活を送っていた。そんな“クズ”を地で行く彼の前に「僕はあなたの元飼い犬・てんです!」と名乗る謎の男・木ノ宮が現れる。



そもそもスピリチュアルなことは一切信じない、その手のことは鳥肌が立つほど嫌いだし、どこをどう見ても普通の人間のこの男が、あの元愛犬“てん”なわけがない。なぜかひとり感動し距離を縮めてくる木ノ宮を拒もうと試みるが、木ノ宮は『宝物の首輪』『小さかった頃の思い出』『てんにだけ話した悩み事』など、てんにしかわからないモノやコトをずばずばと言い当てる…。「こいつ、まさか本当に…!?」徐々に信じざるを得なくなっていく炬太郎。


そんな炬太郎の複雑な胸中は置いてきぼりに木ノ宮は、元飼い主との再会に感動し、「あの頃の輝いていたご主人様に戻ってほしい!」「僕はあなたの為ならなんでも出来る!」「ご褒美に撫でてください!」「なんなら一緒にお風呂入ろう!」と、シッポを振るように興奮し、やたらとおせっかいと、強すぎるスキンシップをかけてくる。最初こそ鬱陶しがった炬太郎だったが、自分の為にひた向きに尽くす“木ノ宮”てんに、溶かされ、癒され、しまいには心奪われていき…!?


この物語はいまどきの26才クズ男が昔飼っていた最愛の犬と再会し愛し愛され成長していく感動の物語である。


<木ノ宮天(きのみや てん):浮所飛貴(うきしょひ だか)(美 少年/ジャニーズJr.)>
「僕は昔、コタくんの犬だった!」それまでは普通の人生。20歳の誕生日に「自分は昔、てんという犬だった」という記憶が突然蘇る。保護犬だった自分を救ってくれた人、ぬくもりを教えてくれた人、たくさんの愛をもらって過ごした日々が忘れられず、日本中探し回り、元飼い主である炬太郎を見つけ出す。頭が良く自立心も持ち合わせており、食べていけるだけの収入(フリーのプログラマー)は確保しているしっかり者。炬太郎に恋焦がれていたので「全てはご主人様のために!」と、お節介をやきつつも、炬太郎と一緒にいられるだけで幸せを感じている。てんの目に映る炬太郎は、いつだってかっこいいスーパーヒーローなのだった。たまに犬時代の癖が出てしまう。

【コメント】
ドラマ「すきすきワンワン!」にて“てん”役を演じさせていただきます。美 少年の浮所飛貴です。いつもお世話になっているKing & Princeの岸くんが主演のドラマに出演させていただけるとお聞きしてとても嬉しかったです。昔は犬という今まで演じたことがない役柄なので、初めて台本を読んだ時はどのような役なのかをイメージすることがなかなか難しかったです。この役と向き合って試行錯誤しながら成長できるように頑張りたいと思います。そして岸くんと一緒にお仕事をさせていただく中で、時には普段の関係性のように和気藹々と、時にはたくさんのことを吸収させていただきながら頑張ろうと思ってます。このドラマを通して視聴者の皆さんにまた新しい僕の一面を見せられたらなと思っています。ぜひ楽しみにしていてください!


▼岸優太のコメントなどはこちらから


■『すきすきワンワン!』
日本テレビ「シンドラ」枠1月クール
毎週月曜24:59~25:29(30分×全10話) 日本テレビほか
Hulu・TVerでも配信

©NTV・J Storm

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)