『エルピス』元人気女子アナ・長澤まさみ、連続殺人事件の冤罪疑惑を追いかける

TV 公開日:2022/10/24 5
この記事を
クリップ

長澤まさみが4年半ぶりに連続ドラマの主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』の第1話が、きょう24日午後10時から放送される。





本ドラマは、脚本・渡辺あや×監督・大根仁 による社会派エンターテインメント。スキャンダルによって落ち目となったアナウンサー・浅川恵那(長澤)と、バラエティ―番組の若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)らが、10代の女性が連続して殺害された事件のえん罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く。


第1話あらすじ

大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤)は、かつてゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターを務め、人気、実力ともに兼ね備えた女子アナだった。しかし、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。現在は、社内で“制作者の墓場”とやゆされる深夜の情報番組『フライデーボンボン』でコーナーMCを担当している。ある日、番組で芸能ニュースを担当する新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田)に呼び止められた恵那は、ある連続殺人事件の犯人とされる死刑囚が、実は冤罪(えんざい)かもしれないと相談される。


両親が弁護士という裕福な家庭で育った拓朗は、持ち前のルックスも手伝って、仕事の実力とは裏腹に自己評価が高く、空気が読めない男。とある理由で報道、ましてや冤罪(えんざい)事件とはもう関わりたくないと思っている恵那の気持ちなどお構いなしに、事件の真相を追うために力を貸してほしいと頭を下げる。しかし、拓朗がそこまで躍起になるのには、ある事情があった…。


拓朗によれば、冤罪(えんざい)疑惑は“ある有力筋”から得た情報だという。だが、かつて自分が報道したこともある事件だけに、にわかには信じられない恵那。そのうえ、事件が起きたのは10年近くも前で、犯人とされた男の死刑もすでに確定している。恵那は、すでに風化した事件を掘り起こすことは得策ではないと一蹴するが、それでも拓朗は懲りずに、新入社員時代の指導担当で報道局のエース記者・斎藤正一(鈴木亮平)を頼る。そして、事件当時の話を一緒に聞きに行こうと無邪気に恵那を誘うが…。




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント