妻夫木聡&藤原竜也がダークヒーローに、日曜劇場『Get Ready!』で“闇医者チーム”演じる

TV 公開日:2022/10/24 9
この記事を
クリップ

TBSでは、来年2023年1月期の日曜劇場(毎週日曜よる9時)で、妻夫木聡主演の『Get Ready!』を放送することが決定した。演出は映画、ドラマ、舞台で幅広く才能を発揮する鬼才・堤幸彦が担当。生きる意味を問いただす異色のヒューマンドラマ。ダークな医療エンタテインメントが、いま始まる。



超人的なオペ技術と法外な治療費で、どんな手術も請け負う正体不明の闇医者チームを率いるのは、孤高の天才執刀医=通称“エース”。彼が患者を選ぶ基準は、ただひとつ。お前に生き延びる価値はあるのか。


妻夫木が演じるのは、孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称:エース)。昼間は自身の店であるパティスリー「カーサブランシェ」でパティシエをしており、手術と同様にその器用さと大胆なアイデアで繊細なケーキを作り販売している。




しかしそれは表の顔で、裏では法外な報酬と引き換えに超人的なオペ技術でどんな手術も請け負う闇の最強医療チームを率いる絶対的存在である。パティスリーの地下には最新機器を取り揃えたオペ室があり、他で見放された患者を対象にオペを行っている。そしてエースの相棒ともいえる存在が、藤原竜也演じる下山田譲(通称:ジョーカー)。表の顔は優秀な国際弁護士で、エースとのとある出会いをきっかけに、エースがオペを行う患者と交渉する役割を担っている。


妻夫木と藤原が本格的に連続ドラマで共演するのは本作が初となる。普段は主演を務めるふたりにとっておよそ20年ぶりの共演となる本作では、どんな化学反応が見られるのか。


この闇医者チームは、ターゲットとなる患者の前では仮面で顔を隠し、その正体は世の中には知られていない。素顔を隠し、秘密裏に医療行為を行う理由はいったい何なのか。現在の医療界では不可能な医療も可能に変えてしまう彼らのオペは、エースの「Get Ready」という言葉で始まる。孤高の天才外科医が、最強チームを引き連れて患者の人生に鋭くメスを入れていく。1話完結&完全オリジナル、前代未聞の医療ヒューマンエンタテインメントの幕が開く――。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 4件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント