神木隆之介&浜辺美波、来春朝ドラ『らんまん』高知県内ゆかりの地を訪問

TV 公開日:2022/10/21 6
この記事を
クリップ

神木隆之介が主演、浜辺美波がヒロインを演じる2023年度前期 連続テレビ小説 第108作『らんまん』について、今月より高知県内でのロケが始まり、本日、神木と浜辺が県内各地のゆかりの地を訪問したことがNHKより発表された。





主人公のモデル・牧野富太郎ゆかりの地、横倉山(越知町)や名教館・牧野公園(佐川町)を訪問。高知県庁では二人から視察の感想、神木からはクランクインの報告、浜辺からは収録に向けた意気込みなどが語られた。その後、高知県立牧野植物園を訪ね、牧野富太郎ゆかりの植物に囲まれて「高知ロケクランクイン報告」の会見を行った。なお、神木は10月19日に安芸市(の伊尾木洞)でのドラマの冒頭シーンの撮影でクランクインした。浜辺はまだクランクインしておらず、県内各所のゆかりの地の訪問のために高知県入りした。



神木隆之介 (主人公・槙野万太郎 役)コメント

僕は今月19日に高知で、ついにクランクインしました。これから勝負の一年が始まるという気持ちです。自分にとって朝ドラへの出演はプレッシャーでもありますが、撮影が始まったことで、決意が固まりました。高知は、過去の出演作でも訪れたことがありますが、またこうやって来ることができて幸せです。今朝、牧野公園の牧野富太郎さんのお墓を訪れましたが、実は夏にも足を運び、お墓参りをさせていただきました。改めて、「これから、見守っていただければ嬉しいです」とご挨拶をしました。牧野富太郎さんは、笑顔が素敵で明るい方。そんな魅力的な人間性や植物への思いなど、しっかりと演じられればと思います。


浜辺美波 (ヒロイン・槙野寿恵子 役)コメント

私は今回初めて高知に来ました。タクシーの運転手さんが優しくしてくださったり、夕飯を食べに行ったお店の方も料理の説明を丁寧にしてくださったり、高知の皆さんの人柄に感動しています。今日、展示で見た牧野先生と寿恵子さんの笑顔の写真が素敵で、牧野先生は寿恵子さんのことがとても好きだったのかなと見ながら考えていました。明るく笑顔をお届けできるようなドラマになるよう、神木さんと一緒に自分自身も楽しんで撮影に励んでいきたいと思います。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント