宮崎あおい、神木隆之介主演の朝ドラ『らんまん』語りを担当「宝物のような時間になること間違いなし」

TV 公開日:2022/10/21 7
この記事を
クリップ

神木隆之介が主演、浜辺美波がヒロインを演じる2023年度前期 連続テレビ小説 第108作『らんまん』について、語りが宮﨑あおいに決定したことが本日NHKより発表された。




NHKでは、連続テレビ小説「純情きらり」(2006 年前期)有森桜子役、大河ドラマ「篤姫」(2008 年)篤姫役で、それぞれ主演を務める。特集ドラマ「眩~北斎の娘~」(2017 年)主演・お栄役を、連続テレビ小説「あさが来た」(2015 年後期)では、主人公・あさの姉・はつ役を演じた。



語り・宮﨑あおい コメント

「らんまん」の語りを担当させていただきます宮﨑あおいです。私にとって、朝ドラでの出会いや経験は今でも何年経ってもずっと特別なものです。このような形でまた朝ドラに関わることができて、とても嬉しいです。神木さん、浜辺さんもこれまでたくさんの現場で素晴らしい経験をされていると思いますが、約 1 年間役を背負って生きるという朝ドラならではの体験はきっと今まで味わったことのない特別な日々になると思います。スタッフ、キャストの方との深い繋がりや観てくださる方から頂く温かい応援は何よりのパワーになると思います。宝物のような時間になること間違いなしなので思いっきり楽しんでください。私も、語りという立場で、作品の力になれるように頑張りたいと思います。ありがとうございました。


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント