小宮璃央×井上想良『永遠の昨日』切ない予告映像&笑顔ショット公開

TV 公開日:2022/10/18 12
この記事を
クリップ

泣けて泣けて仕方がないBL傑作小説、待望の実写化。消えるはずの命に起きた奇跡、魂を震わす青春ラブストーリー『永遠の昨日』。久保あおいのエンディング主題歌を使用した浩一(小宮璃央)と満(井上想良)の切ない予告編が解禁。さらに、ゲスト出演キャストが解禁。第1話にOWV中川勝就・佐野文哉、第6話に植村颯太が出演する。さらに、世界190以上の国と地域での放送・配信を記念して小宮璃央と井上想良のオフショット写真も解禁された。




原作はBLのレジェンド

交通事故にあってしまった高校生の浩一と同級生の満が心を通わせ、生と性を見つめて懸命に“生きた”2人の姿を描いたBLのレジェンド原作『永遠の昨日』(榎田尤利)。「泣けるBL小説」の決定版として多くのファンに支持されている名作が『恋は光』(2022)の小林啓一監督によりドラマ化。小宮璃央と井上想良がW主演を務める。MBSほか「ドラマシャワー」枠にて10/20(木)より放送決定。


「あの朝、浩一はあっという間に宙を舞った――。」
陽気でクラスの人気者の浩一と秀才で人付き合いが苦手な満。高校生の2人は正反対の性格ゆえに強く惹かれあっている。しかしある朝、浩一は満の目の前で事故に遭ってしまう。その場で起き上がり、いつものように笑ってみせた浩一は、確かに「生きて」いるけれど、クラスメイトたちは、次第に浩一の存在を忘れ始め……!?浩一が消えてしまうまでの限りある刻を、懸命に輝かせた2人の姿に“泣けて泣けて仕方がない”青春ラブストーリー。


今回解禁されたのは、心に訴えかける楽曲が同世代に共感を呼んできた久保あおいがドラマのために書き下ろした楽曲『遠い夏の日』が流れる30秒の予告映像。「浩一はなんでいつも俺の左側なんだ?」「みっちゃんの盾になるために決まってるじゃん」という雨の中の浩一(小宮璃央)と満(井上想良)2人の会話のあと、突然宙を舞う傘と、トラックが走り抜ける姿――。そして涙ながらに浩一が訴える「なんなんだよ、人の気持ちを…!」という台詞と、満の瞳からこぼれる一筋の涙。浩一と満の間に何が起きたのかを想像させる新たなシーンが追加されている。胸が押しつぶされそうな映像の中に一筋の光が差し込むように久保あおいの透明感のある歌声が響き渡る美麗な映像が完成した。


さらに、予告で使われている久保あおいのエンディング主題歌『遠い夏の日』が10月19日(水)0:00にフル尺で配信リリースされることが決定。20:00にはMV映像も解禁される。20日(木)の放送を前に、一足早く楽曲を堪能しよう。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント