火10『君の花になる』で推しが見つかる?役とキャストがリンクする7人の個性に注目

TV 公開日:2022/10/18 24
この記事を
クリップ

火曜ドラマ君の花になる』(TBS系)が18日にいよいよスタート。もしかしたら“推し”が見つかるかもしれない。




注目は、物語のキーとなる7人組ボーイズグループ「8LOOM」(読み:ブルーム)。
本作は、本田翼が演じる主人公・仲町あす花(なかまち・あすか)が、デビューするも売れないボーイズグループ「8LOOM」の寮母となり“トップアーティストになる”という夢を共に目指す物語。原作のないオリジナルストーリーで、『花のち晴れ~花男Next Season~』『恋せぬふたり』などの吉田恵里香が脚本を手掛けている。


このドラマ最大の特徴は、8LOOMがドラマ劇中だけでなく、現実世界でも期間限定のボーイズグループとしてデビューし、アーティスト活動もしているということ。オーディションを経て選ばれたメンバーは、高橋文哉宮世琉弥綱啓永八村倫太郎森愁斗NOA山下幸輝の7人。『最愛』で梨央(吉高由里子)の弟・優を演じた高橋文哉も、もちろん歌って踊る。


YouTubeや動画配信サービス「Paravi」では、2021年10月のオーディションからドラマ放送までの1年間を追う密着&応援コンテンツ “「君の花になる」までの365日”が配信中だが、その動画を見てみると7人のキャラクターや関係性が見えてきて、ドラマがグッと身近に感じられる。


7人は「一人でいる時間が見事にない」というくらい、毎日のように顔を合わせていると語っていた。ドラマの制作発表でも主演の本田が「みんながすごい性格が良い」と話していたが、それぞれのキャラクターやメンバー間の仲の良さ、そしてひたむきに努力する姿は“応援したくなる”要素満載だ。


高橋文哉が演じるグループのリーダー佐神弾(さがみ・だん、通称「弾」)は、ツン多めだが実は仲間思い。


仮面ライダーゼロワン』『着飾る恋には理由があって』『最愛』など数々の話題作に出演している高橋だが「(第1話について)ここまでツンツンしてるお芝居も僕自身初めてだった」と言う。そして、歌とダンスは未経験。しかし、レコーディングの様子が動画で公開されると「歌声すごい好き」「歌めっちゃ上手くてびっくり!」とファンを驚かせた。


宮世琉弥が演じる成瀬大二郎(なるせ・だいじろう、通称「なる」)は最年少だがしっかり者の俯瞰キャラ。


宮世も『恋する母たち』『珈琲いかがでしょう』など話題のドラマに次々と出演。9月20日からスタートしている連続ドラマ『闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん』でもレギュラー出演中だが、「足を引っ張らないように」と顔合わせで謙虚に挨拶。他メンバーの格好良いエピソードを紹介したり、愛あるツッコミでグループを明るくしたり、ライブ経験のある宮世が高橋にアドバイスを送る場面も見られた。


綱啓永が演じるのは、最年長で感情表現がストレートで男気溢れる古町有起哉(ふるまち・ゆきや、通称「ゆきや」)。


オーディション合格がサプライズで発表された際は、「超うれしい」と喜び爆発。持ち前の明るさとコミュ力でグループに明るさをもたらす大黒柱。綱はジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得。ドラマ『この初恋はフィクションです』では主人公の親友の彼氏役を好演した。綱も高橋同様、歌とダンスは未経験だが、オーディションに「何十回も落ちてきた」という綱のドラマにかける思いは大きいようだ。


八村倫太郎が演じる一之瀬栄治(いちのせ・えいじ、通称「エイジ」)は、しっかり者でお兄さん組だが少々ネガティブ思考。


年長組だが、動画では「倫ちゃん」と呼ばれメンバーにイジられる様子がしばしば。しかし合いの手やツッコミは的確。メンバーに会えるのが「とにかく楽しい、嬉しい」が伝わってくる。GP帯の連続ドラマ初出演となるが、ダンス&ボーカルグループ・WATWINGのメンバーでもあり、パフォーマンスではグループを引っ張る存在。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 27件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント